断捨離の方法

洋服の断捨離に買取業者を利用しよう

クローゼットを断捨離

クローゼットの中の洋服を全て把握している人は、実は少ないということをご存知でしょうか。
ほとんどの方が一定の決まった数着を着回しして、1年以上1度も日の目を見ない洋服がクローゼットを占拠しているのです。
「痩せたら着るから」「高かったから」「気に入っていたから」などという理由で、『今現在』着ない洋服でクローゼットをいっぱいにしていませんか。
過去の思い出と未来の妄想で洋服に執着し、捨てられずに取っておくことは無駄なことです。
断捨離は“物事への執着”を手放すことです。
不要な洋服への執着を捨て、クローゼットを有効活用することを目指しましょう。
同時に心も軽くなるでしょう。

クローゼットの中のものを全て出してください。
まず1年以内に着たものを取り分けて、クローゼットにしまいます。
残った洋服の中から、汚れやシミがあるものや穴や傷みがあるものを取り分けて、ゴミとして処分します。
さらに、サイズが合わないものや着心地の悪いもの、似合わないものなど、理由があって着ていないものを取り分けます。
残ったものの中に処分を迷うものがある場合は、着てみると良いですね。
「なんで今まで着ていなかったんだろう!」と思ったり、「持ってる洋服に合わせられるものがある」など発展的な感想が浮かんだ場合は、取っておく価値がありますね。

着ないと判断された洋服の中でも「ゴミに出すのはもったいない」というものは、買い取り業者を利用して処分すると良いですね。
ほかに方法として、友人や知人に譲る、フリマで売るなどの方法がありますが、ここでは買取業者についてお話ししましょう。

高価買取してもらう方法

断捨離をして処分を決めた洋服でも、できるだけ高額で買取してほしいと思うものです。
「ノーブランドだし」「ユーズドだから」などと安値がついても仕方がない発想ではいけません。
ノーブランドでもユーズドでも、できるだけ高く買い取ってもらえるように工夫をしましょう。

①キレイな状態にして売る

売る前に洗濯をして汚れ落とすようにしましょう。
部分汚れ洗剤や洗濯漂白剤などを使ってなるべくキレイな状態にし、仕上げにアイロンをかけてください。
新品に近い状態がベターですので、売るかどうか迷っているのであれば早く売った方がよいですね。
ブランド物など必要があれば、クリーニングに出しましょう。

②シーズンを考慮する

夏に冬物を売ってもニーズはありません。
ニーズがないものは買取価格が安くなってしまいますので、シーズンがずれている場合は翌シーズンまで待って売ることをお勧めします。

③売るときはまとめ売り

1着だけ持ち込むよりも、数着をまとめて売った方が高い査定となる場合が多いようです。
春夏物をまとめて、秋冬物をまとめて、それぞれシーズンの始まりに売ると良いでしょう。

④付属品を付けて

保証書、箱やケース、タグ、ベルトやアクセサリーなど、付属品がある場合は一緒に持ち込むようにしてください。
付属品があるとないとでは、買取価格に大きな差があります。

ブランド品の買取

ブランド品は一般的に、ノーブランドに比べて高く買い取りしてもらうことができます。
ただし、より高価な買い取りをしてもらうためには、3つのポイントを押える必要があります。

・流行
・話題性
・シーズン

この3つを上手く押えて、売り時を知りましょう。

ブランド品には流行があり、通常ノーブランドの定番品のような売れ方はしません。
買取業者では、売れるものは高く買い取り、売れないものに高値がつくことはありません。
ですから一流ブランドのものでも流行遅れのものは、高価買取とはならないことが一般的です。
特にブランド品のトレンド性の高い洋服は、3~4年でニーズは極端に低くなります。
ニーズがなくなれば、買取価格は一気に低くなります。
流行のものを持ちたい気持ちは誰しも同じですが、流行は廃る前に売らなければ定価の3%程度で買い叩かれることも珍しくありません。
いずれ売ることを考えているのであれば、まだ流行っているうちに売却した方が良いでしょう。

また、古いブランド品であっても、有名なハリウッド女優が着ている画像がインターネットで流れると、一気に話題性が高くなります。
世間は同じものを欲しがりますので、その時が売却するチャンスでしょう。

さらにどんなにハイブランドなものでも、シーズンが違えばニーズは一気に落ちてしまいます。
常に1つ先の季節を意識して、『これから買い手が付く』洋服を買取業者に持ち込むと良いですね。

宅配買取業者を利用する

売りたいブランド品が多い場合や近隣に買取業者がない場合など、宅配買取業者を利用すると良いですね。
面倒な手続きも無く、自宅に居ながらにしてブランド品を売却することができますので、非常に便利です。
ほとんどの宅配買取業者はインターネットで申し込みを行い、宅配用の段ボール箱が送られて来たら査定を希望する品物を詰めて送付します。
数日後に査定価格が知らされ、お金が振り込まれます。
ただし各業者では買い取りできるものとできないものがありますので、発送する前に必ず確認をしてください。
家から一歩も出ずにブランド品の断捨離ができるという点では、非常に手軽で便利な方法です。

断捨離をした本を売る

本を売る方法

本が好きな人が断捨離をすると、大量な本の処分に困ることがあるでしょう。
ゴミとして捨てることはできます。今なら本は資源ゴミの扱いになりますね。
しかしお金になるのなら、売った方が良いとは思いませんか。
また、捨ててしまうよりまた誰かが手に取ってくれたら、本好きとしては嬉しいのではないでしょうか。

本を売る方法は、いくつかあります。

・古本屋に売る
・リサイクルショップに売る
・フリマやオークションで売る

この中で最も高値が付くことが期待できるのは『フリマやオークション』です。
最近はインターネットでフリマもオークションも利用できますので、家にいながらにしてインターネットで交渉して本を売ることが可能です。
値段交渉はありますが、古本屋やリサイクルショップに比べると、高値が付くことが期待できます。
ただしアプリなどを利用して、自分で写真を撮ったり商品説明の文章を載せたり、交渉が成立した場合は自分で送付しなければいけません。
ですから手間はかかります。
しかし例えば、古本屋では10円で買い取りされる本でも、ネットフリマでは500円や1,000円で売れる場合もあります。
逆に、ネットフリマでは買い手が付かないこともあります。

古本屋への持ち込みのリスクとして、重い思いをして本を運ぶ割りに買取価格が安いことが挙げられます。
10冊持ち込んで150円ということもありますし、30冊持ち込んで300円ということもあります。
本の数が多ければ持ち込むのは大変ですが、フリマやオークションで1冊ずつの写真を撮って掲載することも半端じゃない手間がかかります。
手間をかけたくない人には、古本屋やリサイクルショップが良いですね。
少しでも高く売りたい場合は、フリマやオークションがおすすめです。

本の買取価格

上記でもお話ししましたが、本の買取価格は非常に安価です。
金額を期待して持ち込むと、本当にガッカリするでしょう。
しかし流行りの作家や、古本屋で不足している作家の本などは、意外と高い査定額が付けられます。
ベストセラーになった話題の本は人気があるから高く売れると思われがちですが、相当な数が出回っているため希少性が低く、高い値段は付きにくいでしょう。
既に同じ本が古本として持ち込まれている場合、数が多ければ買い取りを拒否されることもあります。
ただし、話題のベストセラーを高く売る方法があります。
出版されたらすぐに購入し、読んだらすぐに古本屋に売却します。
今現在人気のある本が古本屋に1冊もなければ、その本は高く売れるでしょう。

宅配買取業者の利用法

本の数が多く、古本屋に持ち込むのが困難な場合や、フリマやオークションを利用するのが面倒な場合、宅配買取業者を利用すると良いでしょう。
本を運ぶ必要がないため、楽に本を売ることができます。
手順は下記の通りです。

①宅配買取業者に登録をする。

インターネットで宅配買取業者を探して、ネット上で登録をして申し込みをします。
宅配買取業者は複数ありますので、HPをよく見ていくつか比較して決めると良いでしょう。

②宅配買取業者から段ボール箱が送られてきます。

段ボール箱が送られて来たら、売りたい本を梱包してください。

③身分証明書のコピーを同封する。

指定の身分証明書の中から選んで、コピーをして段ボールに入れてください。

④段ボールと一緒に届いた送り状を貼って、宅配業者に回収してもらいます。

買取業者によっては、コンビニから送ることができる場合もあります。

⑤買取業者が査定をして金額を提示し、振り込みます。

金額はすぐに確認して下さい。

本が多い場合でも、持ち運びをする必要がないため女性でも簡単に売ることができます。
もちろん少ない本でも利用することは可能です。
利用する際は、宅配買取業者のHPをよく読んでください。

ブックオフってどうなの?

ブックオフでは、本だけではなくCDやDVD、ゲームなどの買取も行っています。
ポイントカードがあり、買い取り希望の場合でも買い物をする場合でもポイントは付きます。
ブックオフは古本を取り扱う業者の中でも大手ですが、買取価格は比較的安いと言われています。
しかし買い取ってくれる本の種類が幅広く、他店で買い取りされなかった本でも引き取ってもらうことができる場合が多くあります。
買い取り希望で本を持ち込むとその場で査定され、金額に納得すればサインをした上でお金を受け取ります。
接客態度はマニュアルがしっかりあるせいか、悪くはありません。
大手なので、接客指導や研修もあるようです。
インターネットで悪評判を目にすることもありますが、ほとんどの店舗では問題のない接客が行われています。
気軽に本を利用することができますので、本の売却を考えている場合は一度利用してみると良いでしょう。

また売られている本も状態は悪くなく、古本なので古い印象は受けますが汚れや酷い傷みがあるものの取り扱いはないようです。
最近は、断捨離のせいか1回読んだら売却するという方も増えていますので、新品同様の本も増えています。
ブックオフは全国にありますので、一度覗いてみると良いでしょう。

キッチンを断捨離する方法

食器棚

キッチンは、断捨離の中でも難関ですね。
家の中の簡単に断捨離できる場所を数ヶ所片付けて、断捨離に慣れた頃に手を付けてほしいのがキッチンです。

まず、食器棚。
食器棚の中には、どれくらいの食器が入っていますか?全部使っていますか?
食器は、使いやすいものを気に入って使う傾向にあり、限られた食器しか使っていない家庭が多いようです。
使いやすい食器、洗いやすい食器、料理が映える食器など、頻繁に使う食器は決まっているでしょう。
どこの家庭にも、ほとんど使っていない食器が食器棚の奥の方に眠っているものです。

最初に、持っている食器を『よく使うもの』と『あまり使わないもの』に分けてください。
そして『あまり使わないもの』の中から、来客用を残します。
さらに『あまり使わないもの』の中の、欠けやヒビがあるものは捨てるものとして避けます。

中には「取っておけば使うかもしれない」と思うものもあるかもしれませんね。
例えば、茶碗やマグカップなどは、家族の人数分と来客用があれば十分です。
数が多くなるものは、取っておいても出番はありませんので捨てましょう。
また、使いにくいサイズのものや、どんな料理に使えばいいのか分からないものなども、思い切って捨てましょう。
捨てるか取っておくか悩むのは、高価な食器かもしれませんね。
欠けやヒビがあるものは捨てましょう。
しかし状態が良く、今でも価値の高い食器の場合は、リサイクルショップに売却すると良いですね。
ただし、むかし高かった食器が今でも高いとは限りませんので、先にネットで調べることをお勧めします。

食器は、新しいものを買うと古いものは使わなくなるものです。
洋服と同じですね。
食器棚の中がゴチャゴチャしてしまうのは、使わない食器を取っておくからです。
断捨離後は、新しい食器を買ったら古い食器を処分し、数や種類が増えすぎないようにしてください。

調理器具

キッチンの収納スペースがモノで溢れている家庭は多いでしょう。
出してみると思った以上にモノが多く、使っていないモノが多いことに胸が痛むでしょう。
見て見ぬふりをしたいのは、使っていない調理器具が多いからではないですか。
大丈夫です、どのご家庭もそんなものです。
捨てるのが苦手な方もそうじゃない方も、使っていない調理器具が一つや二つ、三つや四つはあるでしょう。

・使いにくいもの、壊れているもの
カビや錆がついているものは捨てましょう。
底が薄くて使いにくい鍋、テフロンが剥がれたフライパン、取っ手が取れた鍋など、使えないのに取っておいているものは捨ててください。
また、切れ味の悪い包丁やキッチンばさみ、ピーラーなども、買い替えるか刃を研ぐなどして、使い勝手の良いものを持つようにしましょう。
鍋やフライパンはある程度質の良いものを使うと、使いやすくストレスを感じることもありません。
使いにくい調理器具は使わなくなってしまいます。
しかし「捨てるのはもったいない」と取っておくため、モノが多くゴチャゴチャになってしまうのです。
断捨離を機に、使わないモノは捨ててしまいましょう。

・調理家電用品

最近は調理家電用品も種類が多く、便利なモノが増えていますね。
しかし購入した調理家電用品が、必ずしも活躍するとは限りません。
『収納からの出し入れが面倒』『洗うのが大変』『使いこなせない』など、使わなくなる理由は様々です。
多くの調理家電用品は、用途が一つしかありません。
エスプレッソマシン、アイスクリームメーカー、パスタメーカーなどがそうですね。
使っていない調理家電用品ほど、邪魔になるものはありません。
状態が良いものはリサイクルショップに売却し、売れそうもないものは捨てましょう。
中には、安いものを買って使いにくかったというものもあるかもしれませんね。
「せっかく買ったモノを捨てるのはもったいない」と思っていませんか。
しかしその“使えないモノ”を捨てることで、新たに“使いやすいモノ”を購入することができます。
“使えないモノ”や“使わないモノ”は、不要なモノです。
処分をすることで、便利で使い勝手の良いもの“必要なモノ”を購入することができます。

・過剰にあるもの

キッチンにあるモノの中には、「なんでこんなにあるんだろう?」というほど同じツールがたくさんあるモノがあるでしょう。
例えば、計量スプーンや計量カップ、お玉やフライ返しなど、使うものは決まっているのに、不要にたくさんありませんか。
また、蓋付き容器が収納スペースに積み上げられていたり、使う人のいない箸が何膳もあったり、「本当に必要?」というものも多いでしょう。
過剰に数が多くあるモノは、必要な分だけ残して捨ててしまいましょう。

・1年以上使っていなもの

ケーキの型やホットサンドメーカーなど、普段あまり使われることのない調理器具がありますね。
中でも購入後1度使っただけのモノや1年以上使っていないモノは、取っておいても使うことはないでしょう。
使っていないモノを取っておくのは、収納スペースを無駄にしているのも同然です。
思い切って捨てましょう。

調味料

キッチンにある不要なモノと言えば『調味料』ではないでしょうか。
賞味期限が切れているものは、全て捨てましょう。
また、買ったはいいけど使っていない調味料も、捨ててしまいましょう。
一度使っただけの調味料を捨ててしまうのは、抵抗があるでしょう。
しかし取っておけば使うというわけではありません。
賞味期限が切れてしまうのがオチです。
それまで待ちますか?
どうせ捨てることになるのですから、捨ててください。

では使わない調味料は、どのタイミングで捨てれば良いのでしょうか。
これが明確になれば、使わない調味料を溜め込むこともなくなりますね。
それはズバリ、買ったことを「失敗した!」と思ったときです。
「失敗した!」と思ったことこそ、『もう使わない』ということを証明しているようなものです。
取っておいても、どうせ使うことはありません。
思い切りが大切ですよ。

キッチンの収納スペースを使いやすく

キッチンの収納スペースは、ガランと仕切りがない場合が多くなっていますね。
収納スペースを無駄なく利用するためには、ケースや仕切り台などでカテゴリー別に収納スペースを仕切ると良いですね。
ケースの中は多少ゴチャゴチャしていても、使い勝手には問題ないでしょう。
収納が上手くできない場合は、『何を入れるのか』『どれくらいの量を入れるのか』などを考慮して、ケースの大きさや収納する場所を決めると無駄がありません。

断捨離を簡単にする方法

ゴールはモノがないシンプルな部屋

今や断捨離という言葉を知らない人はいないほど、断捨離は定着しています。
モノを持たない身軽な生活を目指している方や、心のモヤモヤをすっきりさせたいと思っている方など、断捨離を始める理由はそれぞれでしょう。
しかしやり方を間違えると、後悔が残ってしまいます。

断捨離で後悔するのは。
・必要なモノを判断ミスで捨ててしまった場合
・誰かとの思い出の品物を無理矢理捨てた場合
・執着を捨てきれていない場合
この3点が考えられます。

必要なモノを捨ててしまった場合は、代わりのモノを購入しましょう。
新たなモノを購入する場合は、捨ててしまったものより良いものを購入すると、“捨てた意味”が生まれます。
そうすることで後悔を払拭しましょう。
つまり、必要なモノを捨てたことは後悔する必要がないということです。
ただし廃盤になっているCDや本、限定品で今は販売されていないものに関しては、残念ながら代わりのものを購入することはできません。

また、思い出の品物を捨ててしまった場合、自分一人の思い出のものであれば大きな後悔はないでしょう。
しかし自分以外の誰かとの思い出が詰まったモノを捨てた場合は、後悔することもあります。
ですから断捨離では、「捨てなければいけない」という義務感で捨てることは避けなければいけません。
もしも捨ててしまったことを後悔している場合には、その品物がなくても心の中に思い出が残っていることに意識を集中してみましょう。

執着を捨てきれていない場合、モノを捨てたこと自体を後悔する可能性があります。

後悔しないためには、断捨離を慌てて一気に進めないことです。
『不要なモノを捨てる』という行為を通して、自然と執着から離れることができます。
ですから、『ゴールはモノがないシンプルな部屋を作ること』として、スタートはゆっくり進めることをお勧めします。
ゴールが明確になっていれば、時間がかかっても問題はありません。
徐々に執着から離れることができれば、どんどんスピードは上がってきますので焦らないことです。

断捨離の本質はモノを捨てることではない

断捨離を簡単に行うためには、断捨離の考え方を知る必要があります。
断捨離は、ただモノを捨てることが目的ではありません。
上記でもお話ししましたが、執着から離れることやその考え方を持つことが目的です。

「自分は執着していない」と思うかもしれませんが、本当にそうでしょうか。
使っていないモノを「使うかもしれないから」と取っておいていませんか。
勧められて買わざるを得なかった本を、読んでもいないのに捨てられないということはありませんか。
本来自分には必要ないのに、自分を良く見せるためのアイテムを持っていませんか。
行動に対して見返りを求めていませんか。
人間関係で自分の思うようにいかないと、イライラしたりショックを受けたりしませんか。
こうした心理は“執着”です。
執着は誰でも持っている心理です。
ですから執着を持っていること自体は、悪いことではないのです。
しかし執着を捨てることができれば、様々な苦難や怒りや悩み、不安や恐怖などから離れることができるのです。
モノに執着せず、人に執着せず、全ての執着を手放すことができれば、人は身軽でシンプルで、それでいて豊かな人生を生きることができるのです。

そのために『モノを捨てる』『モノを持たない』という行為を通して、執着を手放すのです。
その考え方こそが“断捨離”です。

片付けの必要がない部屋

モノを捨てるという行為を通して執着を手放すことができれば、不要なモノを捨てることが簡単になるでしょう。
捨てるという行為に対して『捨てたくない』『使うかもしれないのに』『もったいない』『痩せたら着るから』などの抵抗を感じる場合は、まだまだ執着を手放すことはできていませんね。
ですから、なるべく簡単なところから断捨離を始めましょう。
洋服や本などは、思い出や人との関わりが関連することが少ないため、比較的簡単に断捨離をすることができます。

モチベーションを上げ徐々に執着から離れられるように、クローゼットの中のモノを全て取り出し、本当に必要なスタメンの洋服だけを収納してみましょう。
ハンガーとハンガーの間に余裕があり、引き出しはスムーズに出し入れすることができるのではないでしょうか。
お気に入りの洋服を無理矢理押し込めることも、シワになることもないでしょう。
どうですか?快適ではありませんか?
目指すはその状態です。

クローゼットの中だけではありません。
部屋の中のモノもきちんと断捨離することができれば、不要なモノがない部屋を作ることが可能です。
不要なモノを置かない部屋は、片付けの必要がありません。
そうです、生活そのものもシンプルにすることができるのです。
断捨離は、生き方を変えるものだと言えますね。
執着を捨てれば、断捨離は簡単に勧めることができます。

執着を捨てるという考え方

例えば、人を恨むことで苦しむのは、恨んでいる本人です。
恨まれている方が苦しむことはありません。
「恨むことで辛い思いをしているのに、それでも恨むことをやめられない。」
これはまさしく“執着”です。

こだわりを持つことは素晴らしいことですが、そのことによって良しとすることができず、納得や充実感を味わうことができない場合は、こだわりではなく執着です。
執着からは、苦しさや不満しか生まれません。
「こうあるべきだ!」
「こうでなければいけない!」
この執着が、本当な何でもない多くのことを問題にし、悩みの原因となるのです。
お分かりでしょうか。
執着を一つ捨てることで、人は前より自由になります。
何でもないことを問題にすることなく、豊かな人生を生きられるということです。

ではなぜ人は執着を捨てられないのでしょうか。
それは一つに『理解してほしい』という思いがあるからです。
そして『良く思われたい』『損をしたくない』という思いがあるからなのです。

執着を捨てるということは、ある意味で自分の人生を惑わされずにシンプルに生きるということに繋がります。
執着を捨てることができれば、不要なモノを捨てることなど、大きな問題ではなくなるのです。

断捨離を実践!本の捨て方

スペースに合わせた本の量

本を捨てるタイミングは難しいところがあります。
洋服のように穴が開いたりシミができたり、流行は終わるなど、捨てるタイミングがあれば良いのですが、本の場合はそのタイミングがありません。
ですから、ここで一つのルールを作りましょう。
それは『本は全て本棚に入れる』というやり方です。
本棚に入り切れなかった本を床に横積みにしたり、机の上やベッドサイド、トイレの中などに置いてませんか。
『本という本は全て本棚に入れる』これがルールですので、本棚に入り切れない本は処分します。
ですから本棚は有効に使い、きっちり無駄なく収納した方が良いですね。
そうです、本棚も無駄に使わないのが断捨離です。

まずは捨てる本を選びましょう。
断捨離ができたら、1冊購入したら1冊捨てる。
分厚い本を1冊購入したら、薄い本を2冊捨てても良いですね。
スペースで本の量を決めると、『本が片付かない』ということはなくなりますね。

本を増やさないコツ

本が溜まってしまう方の特徴として、①本を買い過ぎている ②読んだ本を処分しない の2点が共通しています。
例えば、途中まで読んで読むのをやめてしまった読みかけの本も、「まだ全部読んでいないから」「また読むかもしれないから」という理由で取っておきます。
しかし途中で読むのをやめてしまった本は、恐らくもう読むことはないでしょう。
途中で読むのをやめたのは何故ですか。
『面白くなかった』『ほかに読みたい本があった』などの理由ではないでしょうか。
「せっかく買ったから、読んでいないのに捨てるのはもったいない」と思うかもしれませんが、取っておいただけでは「もったいない」のは同じことです。
スペースを無駄に使うより、捨てて読みたい本を買ったほうがよほど前向きです。
本棚に入らない本は持たないと決めることで、このように無駄な本を捨てることにも繋がりますね。

また、読み終わった本は捨てましょう。
本は『読み終わった』というタイミングを逃すと、二度と捨てる機会が巡ってくることはありません。
『読み終わった』というタイミングこそが、本を捨てるチャンスです。
しかし、もう一度読みたいと思った本は取っておいても良いでしょう。
その場合は『もう一度読もうと思っている本』のコーナーを本棚の一部に決めて下さい。
そこに入り切れない本は捨てます。
基本は本を収納する本棚以外に本を置かないことです。

さらに、「いつか読もう」と思っていた未読の本も処分しましょう。
捨てる前に最初の1~2ページを読んでみてください。
今すぐ読み進めたいですか。
そうでもない本は捨ててください。
本棚の中の貴重なスペースを、読む予定もない本に取られるのはもったいないですよ。

雑誌を捨てる

決まった雑誌を毎月購読している方は、雑誌が溜まる一方ではないでしょうか。
本棚にズラーッと雑誌を並べている方がいますが、その雑誌は再度読み返すことはあるのでしょうか。
料理のレシピやファッションを参考にして、何度も見返している場合はその雑誌が“必要”だということですね。
しかし購入したときには読んだけど、それ以降は読んでいないという場合は、その雑誌はもう“不要”だということです。
半年を目安に、一度も開かなかった雑誌は捨ててしまいましょう。
また本棚の中に雑誌コーナーを作って、ジャンル別に分けて収納するようにして、入り切れなくなった雑誌は捨てるようにしましょう。
基本は本棚です。
本棚の限られたスペースに無駄な本を取っておくのはやめましょう。

本はゴミに出せるのか

本をゴミとして捨てる場合、必ず各自治体の捨て方を確認して下さい。
資源ごみとして回収するケースが多くなっていますが、細かい規定は自治体ごとに異なります。
また、古紙回収業者に依頼をすれば、新聞などと一緒に回収してもらうことができるでしょう。
業者によってはティッシュペーパーなどと交換になる場合もありますので、自治体のゴミに捨てるよりお得ですね。

自分ルールを作らない

ここでは、持っている本は全て本棚に収納するのがルールです。
本棚に入らなくなったら、捨てる本を選んで捨てなければいけません。
そうしなければ、本は無限に増えてしまいます。

しかしこうしたルールがあると、『例外』という“自分ルール”を作ってしまう人がいます。
「キッチンにこの1冊は置いてもいいことにしよう」
「トイレに持って行くのが面倒だから、これはトイレに置いておこう」
「ベッドに1冊」
「風呂に1冊」
「階段に積んで置く」
「机に積んで置く」
「床に積んで置く」
こうして増えていっては断捨離の意味がありません。
『持っている本は全て本棚に収納すること』これが基本です。

本を捨てるのが苦手な人は、図書館を利用すると良いですね。
図書館では2週間の本の貸し出しを行っていますし、図書館に置いていない本はリクエストをすることも可能です。
本を溜め込まないためには、少しの工夫が必要ですね。

洋服の断捨離…目指すは何着?

クローゼットの中にある洋服

クローゼットの中に、何着の洋服があるか把握していますか?
正確に把握している人は少ないのではないでしょうか。

断捨離は、物事への執着を捨てる“考え方”を意味しています。
クローゼットの中の洋服の数を把握していないということは、一見『執着していない』と感じるかもしれませんね。
しかし実際に全ての洋服をクローゼットから出してみると、「これは捨てられない」「いつか着るかもしれない」と処分できない洋服も少なくないのではないでしょうか。
それこそが“執着”です。
今現在着ていないもの、着られないもの、忘れ去っていたものなど、本来は不要なものです。
不要であるにも関わらず、『捨てられない』というのは“執着”以外の何物でもありません。

大切なのは〝現在〟着ているかどうかです。
過去の思い出や未来の妄想で「気に入ってたものだから・・」や「痩せたら着るから」などという理由をつけて、いつまでクローゼットの中に蓄えておくのですか。
1年以上着ていないものは、もう着ないでしょう。
もしもどうしても悩むアイテムがあったら、すぐに鏡の前で着てみてください。
「あー、だから着なかったんだ」と思い出すか、「なんで着なかったんだろう!」と発見するか。
答えはすぐに出るでしょう。

アイテム別に考える

手元に残す洋服は、アイテム別に数を決める必要があるでしょう。
偏ったアイテムを数多く残すのは、結果的に組み合わせのパターンを減らしてしまいます。
トップスイン、トップスアウト、ボトムス、この3点にベルトやアクセサリーなどの小物を合わせて手元に残すと良いですね。
各アイテム、5着程度あると着回しをするには十分でしょう。
ただし、1パターンだけでほかのものと合わせることができないものもありますので、必ず上下で合うアイテムがあることを確認しなければいけませんね。
洋服を基本にバッグや靴、帽子などを断捨離することになりますので、よく考慮して残すようにしましょう。

シーズン別に考える

また、洋服は季節ごとに分ける必要があります。
春夏秋冬とそれぞれの季節に合ったアイテムを残しますが、最近は敢えて季節感を外したファッションも流行っていますので、組み合わせはそれだけ多くなると考えて良いですね。
上記でアイテム別に5着程度とお話ししましたが、それぞれ各シーズンで必要となりますので、シーズンごとに5着程度を残しておくと良いでしょう。
ただし、冬にはアウターが必要になりますし、厚手のものが多くなるためかさばりますし、夏は薄手のものが多いため全体量が少なく感じるかもしれませんが、枚数は5枚と決めてください。

数を決める理由

洋服は知らないうちに増えてしまうものです。
気付いたときにはクローゼットいっぱいになっていて、奥にしまったものは忘れてしまうこともあるでしょう。
例えば、100着を超える洋服を持っていても、1年間に全ての洋服を着用する人はほとんどいないでしょう。
『着ない洋服=不要な洋服』ですので、着ることのない洋服は処分するのが断捨離です。

そこでシーズンごとに持っている洋服を把握して、所持する洋服をクローゼットの中で見渡せる程度の枚数に制限するのです。
数を決めることで、『1枚買ったら1枚処分する』『1枚処分したら1枚買う』ということを意識できるようになります。
洋服の数を一定に保とうとする意識は無駄な買い物をなくし、今ある洋服を上手く活用することに繋がります。

収納スペース

収納スペースは家の間取りによって異なりますね。
しかし断捨離をする場合、収納スペースが広いからと言って多くの洋服を残してしまうのではあまり意味がありません。
断捨離は、あくまでも物事への執着を捨てる“考え方”のことです。
たとえ収納スペースに余裕があっても、断捨離をするのであれば執着を捨てて洋服の枚数を減らして下さい。
シンプルに暮らすことで、無駄がなくお金にも時間にも心にも余裕を持つことができます。
逆に収納スペースに余裕がない場合は、ハンガーラックや衣装ケースを上手に活用してスペースを有効に利用することを考えましょう。
空間に無駄が出ないようDYIでクローゼットの中に棚を作るなど、工夫をすると良いですね。
洋服が減ることで、掃除がしやすくなるという利点もありますので、生活が軽やかになることは間違いないでしょう。

整理できたら維持すること!

断捨離をする際、「洋服を大量に処分した」という方が非常に多くいます。
それだけ不要な洋服を所有していたということです。

クローゼットを整理ができたら、次に考えなければいけないことはその状態を『維持すること』です。
上記にもありますが、各アイテム各シーズンで5枚ずつと決めたら、新しいものを購入するためには古いものを1枚処分し、常に5枚を保つ必要があります。
しかし最初は意識を強く持っていても、時間の経過と共に緩くなり、いずれまた「気付いたら洋服が増えていた・・」ということにもなり兼ねません。
そこで気を付けたいのが、『無駄に買い物をしてしまう』ということです。
「安かったから」「限定商品だったから」「最後の1枚だったから」「タイムセールで・・・」そんな理由で買った洋服は、ほぼ不要なものだと思ったほうが良いでしょう。
「たまたま欲しかったものが安かった!」「探していたものがタイムセールだった!」ということであれば納得もできます。
しかし必要のない洋服を「安かったから」「限定商品だったから」などという理由で購入するのは、『安い』ということや『限定商品』ということに執着をして意味のない買い物をしてしまったということです。
意識すべきは自分の家のクローゼットです。
その洋服を買うために、どれを処分しますか?
その洋服はどれと合わせられますか?
欲しい洋服が必ずしも活躍するわけではありません。
活躍できる洋服を買うためには、常に自分のクローゼットの中を把握しておくことが必要ですね。

友達関係を断捨離する勇気…そしてその方法

人間関係の断捨離

ストレスがない人はいません。
中でも人間関係のストレスを感じている人は、非常に多いのではないでしょうか。
ストレスの健康被害は言うまでもありませんが、社会問題の一つに挙げられます。
職場の人間関係、家族、友達と、ストレスを感じる関係は限定されるものではありません。

断捨離は無駄なモノを増やさず不要なモノを捨て、執着から離れるという考え方を持つことがコンセプトとなっています。
人間関係に置き換えると“無駄な人間関係を増やさず”“不要な人間関係を捨てる”ということになります。
言葉にすると辛辣ですが、人間関係に苦しむ方にとっては一つの救いとなる可能性があります。
「友達を大事にしなさい」「人に感謝しなさい」と言われて育ってきた私たちにとって、人間関係を断捨離するということには多かれ少なかれ罪悪感を伴うかもしれません。
しかし人間関係に大きなストレスを感じて続けていくことが困難な場合は、人間関係を断捨離することも一つの方法として考えてください。

古い付き合いの友達

学生時代からの友達など、古い付き合いの友達がいる方は多いのではないでしょうか。
中には、『付き合いは古いけど、あまり良い関係ではない』という方もいるでしょう。
学生時代の友達は、席が近かった・部活が同じだったなどの理由で仲良くなることが多いでしょう。
しかし付き合いが長い年月に及ぶと、徐々に楽しいだけの関係ではなくなることがあります。

学生時代は学校という限られた環境の中で、1日のほとんどを過ごします。
今はSNSなどで世界中の人と繋がることができますが、昔はそんなものはありませんので、学生にとって学校が人間関係の全てとなってしまうこともあったでしょう。
“学校”という限られた環境の中で生きていくためには、友達という存在が必要になります。
そのために、多少のことに目を瞑ったり我慢することもあったでしょう。
しかし大人になってお互いに別々の環境に身を置くようになり、それぞれの世界が広がることにより、それまで気にならなかったことが気に障るようになるのはよくあることです。
徐々に疎遠になって関係が切れてしまえば、久しぶりに会っても笑って話せるかもしれませんね。
しかし気に障ることがあっても傷付けられることがあっても、『古い友達だから』という理由で関係を断つことができなかった場合もあるでしょう。
不快な関係であるにも関わらず関係を続けてしまうということは、何かに執着をしているということです。
『付き合いが長い』ということに執着しているのか、或いは『傷付けられたことの仕返しをしたい』ということに執着しているのか、また別のことなのか。
いずれにしても、執着で関係を継続しても良いことはありません。

長い付き合いの友達との関係を断つことは、勇気がいるかもしれません。
不快な関係をこれからも続けていきますか?
それとも自分を優先して関係を断ちますか?
すぐに結論を出す必要はありません。
執着がなくなれば、あっさり断捨離をすることができるときが来るかもしれません。

フェイスブックやブログなど、SNSの人間関係

現代はネット社会です。
SNS中毒と呼ばれる人たちが、たくさんの『いいね』が欲しくてネット上で友達の輪を広げていき、結果的にネット上の人間関係に苦悩する方が増えています。

フェイスブックは、本名で登録することが決まりとなっています。
ですから幼馴染みや学生時代の同級生や、昔一緒に仕事をした人、元カレ元カノなど、昔の知り合いが見ることもありますね。
限定公開にすれば見てほしくない人をシャットアウトすることはできますが、それでは友達の輪を広げていくのは難しいですね。
今やSNSの人間関係は、多くの方にとって一つのストレスの原因となっています。

価値観はそれぞれです。
自分は何気なくUPした内容でも、それを批判的に捉える人もいるでしょう。
ブログやインスタグラムは匿名性が高いため、ダイレクトに批判する人もいますし、中には現実では絶対に言えないような酷い言葉を残す人もいるようです。
匿名性の高いツールは、自分の身分を隠して行うことができる気軽さがある分だけ、他者との繋がりにも注意する必要があります。

ただしSNSは、退会すればそこで関係を断つことができます。
長く続けていると、心理的に退会が簡単ではなくなることもあるようですが、SNSの煩わしい人間関係や攻撃的な人との関わりを断つためには、退会することが最も早く確実です。

友達関係を断捨離する方法

友だち関係を断捨離するのは、とても勇気が要ることでしょう。
大人になると学生時代に比べて友達が減ってしまうため、中には「その友達を断捨離すると友達がいなくなってしまう」という方もいるかもしれませんね。
しかし自分にとってストレスの原因となる友達を失ったところで、困ることなどほとんどないでしょう。

友達関係の断捨離を行うと、第一に無理をする必要がなくなります。
ストレスの原因となる人間関係は、少なからず自分に無理をしなければ継続することはできません。
ですから、その関係を断つことでスッキリと気持ちが軽くなるでしょう。

しかし友達関係を断捨離することで後悔するかもしれないという可能性に、不安を持っている方もいるのではないでしょうか。
ですから、どんなに相手が嫌な奴でも、友達をやめることを宣言したいと思っても、絶対に決定的な終わり方をしないことです。
縁があればまた繋がることもあるでしょう。
もしかしたら一時的に不協和音が鳴っているだけかもしれません。
お互いに失って始めて大切な存在だと気付くこともあるかもしれません。
ですから、こちらからの連絡を絶ち、相手からの誘いを断ったり、電話やメールに対する反応を徐々にやめていくことで、自然な形でフェイドアウトすると良いですね。
友達との関係にストレスを感じて断捨離をする場合、相手を傷つける必要はないのです。

断捨離した洋服の捨て方

処分の方法

洋服を断捨離する際、いくつかの手順があります。
まず第一に、クローゼットの中の洋服を全て取り出して下さい。
ご自分の洋服を全て把握していますか?
把握できているという方は少ないのではないでしょうか。

次に、洋服を一まとめにして、『必要な洋服』と『不要な洋服』に分けてください。
必要な洋服は、週に2回以上着ているもの、月に4~5回着ているもの、1シーズンに5~6回着ているもの、の順番で取り分けてください。
残りの洋服は言わば『不要な洋服』なのですが、全てを確認する必要があるでしょう。

次のステップとして、残りの洋服を確認します。
・1年以上着ていないもの
・サイズが合わないもの
・ほつれや色褪せなど、傷みがあるもの
これらは不要な洋服です。
この判断をする際、値段や限定品などの情報は要りません。
高かったから、限定品だったからということは、『必要な洋服』とは無関係の情報です。
迷わず処分してください。

処分の対象となった洋服の中から、買取業者やフリマなどで売ることができそうな状態の良いものは、それだけで一まとめにしておくと良いですね。
傷みがあるものや流行が終わっているもの、着古してヨレヨレのものなどは、捨てるものとしてゴミ袋に入れてしまいましょう。
捨てるのは、思い切りが必要ですね。

断捨離のコツ

断捨離では、洋服で溢れたクローゼットの中から、『必要な洋服』をシーズンごとに一定数だけ取っておきます。
トップスイン、トップスアウト、ボトムス、各5着ずつを目安にすると良いでしょう。
仕事をしている方の場合は仕事着が必要ですし、ほかに普段着やルームウエアなど、目的別の洋服の断捨離が必要になります。
断捨離のコツとして、目的別の洋服とシーズンごとの洋服の断捨離を並行して行うことをお勧めします。
『仕事着・夏』『普段着・冬』のように細かく分けて、目的と季節を明確にすることが重要ですね。

上記にもありますが、着る回数が多い洋服は『必要な洋服』ということになりますし、着ていない洋服は『不要な洋服』ということになります。
「捨てるにはもったいない」と思う洋服は誰でもあるでしょう。
しかし着ることのない洋服は、取っておくには値しない洋服です。
不要な洋服は、思い切って処分してください。
処分してしまえば、不要な洋服は思い出すこともないでしょう。

収納できない洋服は捨てる

収納スペースは家によって異なりますね。
上記では『各アイテム5着ずつを目安に』とありますが、これはあくまでも目安です。
収納スペースに合わせて、所有する洋服の枚数は前後します。
「じゃあ、私は何枚?」と悩んだ場合、収納スペースを参考に決めると良いですね。

ハンガーをパイプに掛けて、隙間がないのはNGです。
ハンガーに掛けた洋服が、パッと見で把握できるのがベストですね。

また、引き出しの中の洋服がギュウギュウ詰めになって、出し入れが大変なのはNGですね。
帽子やベルト、バッグなどの小物も同様に、取り出しが面倒なほど重ねたり、取り出すのに3工程以上の手順が必要なのはNGです。

収納できる程度の枚数を所有し、収納できない洋服は処分しましょう。
ただし『各アイテム5着ずつ』は目安ではありますが、数多い洋服を所有することで、自分の洋服を把握できなくなってしまいます。

・収納に余裕があること
・持っている洋服が把握できること
・全てがスタメンになれる洋服であること

この3点を守るようにすると、不要なものを余分に持つことはないでしょう。
断捨離は物事への執着を捨てることです。
「着るかもしれないから、一応取っておこう」という執着で、不要なものを抱えないことが大切ですよ。

衣替えは断捨離のチャンス

シーズンごとの衣替えを行う際、1シーズン着た洋服をしまって、次のシーズンに着るものを出しますね。
その前に、1シーズン着た洋服を並べて確認をしてください。

1度も着なかった洋服はありませんか。
朝、一度着たけど、やめた洋服はありませんか。
手持ちの洋服で合わせられない洋服や、ヘビロテして色褪せや穴やほつれがある洋服はありませんか。

色褪せや傷みのある洋服は、来シーズンまで取っておかずに捨ててしまいましょう。
また、1度も着なかった洋服など、品物はしっかりしているのに“着なかった”“着られなかった”洋服は、買取業者やフリマで売ると良いですね。
衣替えをするついでに残しておく枚数を決めて断捨離をすることで、不要なものを取っておく必要がなくなります。
さらに断捨離を継続するために、シーズンごとの衣替えで不要なものを処分する習慣を付けると良いですね。

また、新しい洋服を買うと、古い洋服は着なくなるものです。
洋服を捨てることに抵抗がある方にとっては、捨てる洋服を選ぶということが辛いかもしれません。
しかし着ていなかった洋服は、捨ててしまえば忘れてしまいます。
それは必要のないアイテムだからです。
必要な洋服は何度も何度も着る機会があるものですが、必要がない洋服は出番がないものなのです。
だからこそ、不要なものは買わないようにしなければいけないのです。
断捨離は、「捨てるのはもったいない」という執着を持たない考え方を身に付けることです。
それは、どんどん物を捨てられる精神を持つことではなく、最初から不要なものは持たない精神を持つことなのです。

おしゃれなインテリアは断捨離から

シンプルライフを目指して

シンプルライフは、不自由するほどモノを持たない生活のことではありません。
無駄なモノ・不要なモノを持たない、快適な生活のことを指しています。
知らず知らずのうちに増えてしまった生活用品や家具などは、必ずしも無ければ暮らせないということはないでしょう。
例えば、キャビネットや本棚の中のモノを断捨離することで、収納家具を減らすことができるかもしれません。
また、クローゼットの中を断捨離することで、溢れた洋服を掛けていたハンガーが必要なくなる可能性もあります。
ほかにも、使っていない椅子やモノを置く場所になってしまっているソファーなど、存在自体に部屋が散らかる要素のある家具は、処分することで部屋が片付く可能性が大いにあります。
シンプルライフは、スムーズな動線や無駄のない空間を実現したもので、最小限必要なものだけを持つ生活です。
インテリアの断捨離は断捨離も終盤の上級者にはオススメですが、初心者にはオススメできるものではありません。
断捨離の最終的に目指すのは、シンプルライフの実現です。

家具の処分

断捨離で最も困難なのは思い出の品物ですが、次いで家具の処分も簡単なものではありません。
特に収納力のある大きな家具や、存在感のあるソファーなどは、処分することに悩むでしょう。
『捨てたことを後悔するかもしれない』という不安は、簡単には拭えるものではありません。

家具の断捨離をする場合は、現在のその家具の用途を思い浮かべてください。
「今は使い道はないけど・・」という場合は、処分することを決心した方が良いですね。
不要なモノを取っておく必要はありません。
たまに使っているものの場合は、代わりになるものがないかを考えましょう。
代わるモノがあれば、捨ててしまっても問題はありません。
しかし、今現在使っているモノを捨てるのは、得策ではありません。
ただし、使い勝手が悪いモノやあまり好みではないモノに関しては、思い切って処分して、気に入ったモノを新調するのも良いでしょう。

家具の処分は、リサイクルショップに売却するか、売却できない大きなものは粗大ごみに出す必要があります。
処分することを決心したら、どのような方法で処分するかを決めなければいけません。
運べないサイズのモノでも、リサイクルショップでは出張買取を行っているところがありますので、調べてみると良いでしょう。
粗大ごみに出す場合は、詳細を自治体に問い合わせてください。

家具の断捨離では、価格の高さが捨てられない理由になる場合はありますが、断捨離するかしないかを価格で決めてはいけません。
あくまでも、使っているか・使っていないか、必要か・必要じゃないかが判断基準である必要があります。

片付けやすい、動きやすいという条件

インテリアの断捨離をする場合、一つの条件として“片付けやすい”ということを考えてみてください。
どんなにおしゃれな家具でも、使い勝手が悪く片付けにくいものは、家具としてその部屋には不向きだということです。
例えば、おしゃれなダイニングテーブルを置いた場合、椅子がスッキリと収まらないモノや、テーブルの横を歩くたびについぶつかってしまうような大きさのモノは、その部屋には不向きだと言えますね。
また、収納するものの量に見合わない大きさのキャビネットや、マットレスが傷んで窪みのあるベッドなど、使い勝手の悪いものは処分する対象として考えてください。

ほかにもそこに置くことで動線を遮ってしまったり、掃除がしにくい場合も、配置を考える必要があるでしょう。
断捨離をすることでモノを減らし、収納家具を処分することができれば、確実に部屋が広くなって動線は確保しやすくなります。
また、部屋が散らからない条件の一つに、片付けやすい環境は必須です。
キャビネットの中にカテゴリーを分けて収納するファイルボックスを並べて置き、ファイルボックスの中は多少雑多になっていても良しとすると、収納に“めんどくさい”ということがなくなります。
また、ファイルボックスの良さは、蓋がないということでもあります。
①扉を開けて、②蓋を開けて、③その中に納める という3つのアクションは思っている以上に“めんどくさい”ものです。
安定したシンプルライフを目指すなら、少ないアクションで片付けができることが重要ですね。

一人暮らしのインテリアの断捨離

一人暮らしを始めたばかりの頃は、多くの方が部屋にモノを溢れさせてしまいます。
あれもこれもと無駄なモノを購入し、使っていないモノを取っておき、「もったいないから」「使うかもしれないから」と不要なモノに囲まれて生活をしている方は多いでしょう。
しかし一人暮らしに慣れてきたら、部屋を広く使うことや掃除しやすくすることを考えてみませんか。
一気に部屋を広くするためには、無駄な家具を処分することです。
その引き出しには何が入っていますか?
本棚に不要なモノが収められていませんか?
収納棚を一つにすることを目標にして、不要なモノを捨ててしまいましょう。
引き出しをカテゴリー別にし、ファイルボックスを利用して、取っておいた必要なモノを納めてください。

一人暮らしの断捨離はあるモノ全てが自分のもので、自分の判断だけで進めていくことができますし、捨てることを反対されたり、誰かの意見を訊く必要がありません。
ですから比較的進めやすく、自分のペースで行うことができます。

どれくらいのものを捨てたら断捨離の効果を感じられるのか?

断捨離の効果を実感するとき

断捨離の効果は、ものを減らすほどに実感することができるでしょう。
ものが多いと断捨離の効果を感じるまで、少し時間がかかるかもしれませんね。
断捨離をして初めて、それまでものが多いことで煩わされていたことやストレスがあったことなどが分かることもあるでしょう。

ものが多くて部屋が狭くなっていませんか。
クローゼットの扉を開けるときに、ものを除けなければ開けられないということはありませんか。
本来は床に置くべきではないものが、置かれていませんか。
ものが多い部屋は掃除もしにくいため、埃が溜まりやすいということもありますね。
床の上がすっきり片付くだけでも、断捨離の効果は感じられるでしょう。
床にものが置かれていない状態は、想像以上に生活しやすいものです。
掃除もしやすいため、部屋はいつも快適な空間となります。

ですから、まずは効果を感じられるところまでは、断捨離を頑張ってみましょう。
ものが多すぎると断捨離することを挫折しそうになることもあるかもしれませんが、効果を実感できるところまで頑張ることができれば、元の状態に戻ることができなくなります。

生活に必要な最小限のもの

では、どれくらいのものを捨てることを目安に、断捨離を行えば良いのでしょうか。
基本的には、本当に生活に必要なものを残せばOKです。
生活に必要な最小限のものと言えば、衣食住に必要な最低限のものですね。

断捨離のコンセプトは、不要なものを捨てることで執着も捨てることです。
執着を捨てるという考え方を持つことで、人生は大きく変わるでしょう。

『〇〇を持っている』ということは、時としてまるで持っている人の価値が上がるような錯覚を覚えます。
それで自分がすごい人間だと勘違いをしたり、優越感を持ったり、或いは持っていない人を蔑む人もいます。
逆に持っていないことで羨ましいという思いや持っていないことへの劣等感を抱いたり、持っている人を妬む人もいるでしょう。
しかし“不要なものを持たない”と決めて処分をして、同時に執着を捨てることで、そのような感情に振り回されることはなくなります。

ただし、生活に必要な最小限のものはきちんと残して下さい。
捨てることに執着をして、必要なものまで捨ててしまうのは本末転倒です。

洋服はどれくらい残せばいいのか

では具体的に、洋服はどれくらい残せば良いのでしょうか。
洋服はシーズンごとに、取っておくものを決める必要があります。
また、“全部で何着”という決め方より、アイテムごとの枚数を決めた方が良いでしょう。
ボトムス、トップス、アウター、など、1アイテムに付き5着程度を目安にすると良いですね。
部屋着、普段着、外出着、仕事をしている人は仕事着など、用途別に考える必要もありますので、生活様式によって異なります。
先に取っておく数を決めてから断捨離を始めると、明確なゴールが分かるのでやりやすいでしょう。
また、断捨離後も1着買ったら1着捨てるようにして一定の数を保つようにすると、無駄に洋服が増えることもありません。
断捨離は、継続することが重要です。

取っておくものの数を決める方法

断捨離をする際に取っておくものの数を決めておくということは、明確なゴールが分かるとともに、その状態を保ちやすくします。
例えば、本の断捨離をする際には本棚に収まる冊数だけを保有すると決め、収まらない分は処分する、と決めると良いでしょう。
さらにその状態を保つために、1冊買ったら1冊は処分します。
小説は1度読んだら処分します。
途中で読むのをやめてしまった本は、二度と読むことはないでしょうから、処分してください。
人との付き合いで買った本も、読んでいないものは処分します。
雑誌は半年経ったら処分してください。
実用書やハウツー本などは、1度読んだっ切りになっているものは捨てます。
料理本なども、活用していないものは不要なものだと判断してください。

このように、収納場所に合わせた数を取っておく基準にすると、ものが増えすぎることを防ぐことができます。
また、処分するものに基準があれば、悩むこともありません。
断捨離をする前に、まずは取っておく数量を決めると良いですね。

最低限のものだけを持つ生活とは

人が生活していくためには、最低限『衣食住』が整っている必要があります。
しかしほとんどの方が『衣食住』に関係のない多くのものを持ち、ものを持ちすぎることでストレスを抱えて煩わされています。
生活に必要な最低限のものがあれば、生活に困ることはありません。
また、生活に必要なもの以外のものを持たないことで、シンプルな生活を送ることが可能となります。
必要なものは必要になったときに購入すれば良いですし、いま使っていないものを『使うかもしれない』『もったいない』と捨てられずに取っておくことは無駄なことだと認識してください。
無駄なものを増やさず、不要なものを捨て、執着を手放すことで、人生を変えることも叶います。

« 過去の記事