洋服の断捨離、もったいなくて捨てられない心理

クローゼットいっぱいの洋服、本当にもったいない?

クローゼットいっぱいに詰まった洋服のうち、ここ1年間に着た洋服は何着ありますか。
クローゼットの奥の奥には、もう忘れてしまった洋服がしまわれていませんか。

断捨離をする際、洋服からスタートさせることをお勧めします。
理由は簡単です。
『直感が働きやすいから』
断捨離は、直感に頼って取っておくものと処分するものを仕分けします。
ですから直感が働きやすい洋服がスタートに相応しいと言えるでしょう。

しかし、いざ洋服を処分しようとすると、様々な思いが邪魔をします。
「高かったのに!」
「お気に入りだったのに!」
「いつか着るかもしれないのに!」
「新品同様なのに!」

そうです、処分しない理由はいくらでもあるのです。
その結果が〝クローゼットいっぱいに詰め込まれた洋服〟だということを忘れてはいけません。
様々な理由でもったいなくて処分できない山ほどの洋服は、果たして「もったいない」の言葉の通り処分できないほど活用しているのでしょうか。
過去の思い出と未来の妄想で「気に入っていたから捨てられない」「着るかもしれないから捨てられない」と思っても、いま現在タンスの肥やしなら、それは全く活かされていない『不要なもの』ということです。
今考えている『もったいない』が必要なものとイコールではないことを認識してください。

もったいないは“自分”の思い入れ

もったいない=必要なもの ではないのだとしたら、不要なものをなぜ「もったいない」と思ってしまうのでしょう。

例えば、「高かったのに!」と処分できない洋服の場合。
購入するときにはきっとキラキラした思いで、自分にとっては“高い”買い物だったのでしょう。
それはとても思い切った買い物だったかもしれないし、何かのご褒美だったかもしれない、清水の舞台から飛び降りる気持ちで買ったかもしれませんね。
ところが、家に持ち帰って着てみると、何かの理由でなかなか活躍することがなかったのではないでしょうか。
着て行く場所がなかったのか、着心地が思いのほか悪かったのか、似合わなかったのか、サイズの問題か。
いずれにしても着る機会がなかった、活躍できないアイテムだった、ということでしょう。
「高かったのに・・・」
だから心理的には処分したくない、あんなに高かったんだもの!となってしまうのは当然です。

しかし、よく考えてみてください。
処分することを躊躇するのは、『もったいない』という思いだけですか?
『高かったのに』着ることができなかった罪悪感や、『高かったから』その分活躍させたい願望はありませんか。
そうです。
実は『高かったのに』使えなかったことに自己嫌悪し、せめて取っておくことで罪滅ぼしをしたいのです。
しかし取っておくことでは、罪悪感も自己嫌悪も消えることはありません。
では、どうしたらいいのか。
処分して忘れることです。
断捨離は、物事への執着を捨てる“考え方”を意味します。
決して『物をどんどん捨てましょう!』というのが断捨離ではないのです。
執着を捨てること、それこそが自分を身軽にし、シンプルな暮らしを実現させるのです。

処分できない『もったいない』という思いは、実は“自分”の思い入れです。
もったいないからこそ眠らせておかないで、リサイクルをして活かしましょう。

間違ったもったいない精神が不要なモノを溜めこむ

日本人の『もったいない』という精神は、非常に美しい心として海外の評価を集めています。
本来の『もったいない』は、使えるものは最後まで使い切ることや、捨てずにリサイクルをすること、或いは無駄にしないことを意味しています。
ですから、クローゼットの中に洋服を詰め込んで取ったおくだけの捨てない生活を『もったいない精神』というのは、少し違いますね。

確かに、まだ着られる洋服を捨てるのはもったいないですね。
新品同様で傷みがない洋服は捨てるにはもったいないです。
しかしだからと言って、着ることのない洋服をただ取っておくだけでは、全くもったいないを解消できていません。
捨てられない、手放せない、処分できない、それはまさに執着です。
不要なものは手放して、活用できる人に渡った方が余程活かされます。
意識を変えてみませんか。
執着を捨て、そのモノの本質を見極め、手元に残すべきか、捨てるべきか、リサイクルするべきか、冷静に判断することが必要ですね。

整理整頓のタイミング

断捨離は、一度行えばお終いというものではありません。
継続して無駄な買い物はせず、不要なものは捨て、執着を手放すことが重要ですね。
しかし洋服は消耗品ですから、いずれは買い替えが必要です。
色褪せや傷み、ヨレヨレ感が出てきたら、買い替えの時期だと考えましょう。
新しい1着を買ったら同じアイテムから1着処分する、これが基本です。

クローゼットの中では常に洋服の枚数を一定に保ち、不要に増やさないことです。
整理整頓のタイミングとして、シーズンの入れ替わりに見直すことをお勧めします。
洋服だけでなく、帽子やベルト、バッグやストールなどの小物も同様に行うと良いですね。

«
»