後悔しない断捨離

断捨離の失敗

断捨離で最も多い失敗は、『大切なものまで捨ててしまった』ということです。
家の中のものを処分し続けていると、気持ちに勢いがついてついどんどん捨ててしまうことがあります。
インターネットや本などで断捨離後の何も置いていない部屋の画像を見ると、ついそこを目指してしまいがちです。
しかし断捨離は、そのご家庭や個人によって違いがあるのが当たり前で、決して正解などはありません。
結果的に、「なんで捨てちゃったんだろう」と後悔することになります。
捨ててしまったものは戻ってきませんので、新しく購入するか、ない生活をするかの選択になりますね。
もしも新しく購入する場合は収納する場所を決めて、そのスペースに合う大きさの商品を探すようにすると良いですね。
断捨離は、物事への執着を捨てる“考え方”を指しています。
断捨離の失敗に執着しないのもまた、断捨離です。
一度捨てて失敗したと思ったら、もう一度買えば良いのです。
売っているものは購入することができますので、執着を捨てれば大きな失敗だとが思わなくなるでしょう。

では、失敗しないためにはどうしたら良いのでしょうか。
・衝動的に捨てない
・簡単なものから断捨離する
・義務感で断捨離しない
・捨てる前にもう一度確認する
・無理に捨てない
・捨てられない理由を考えて納得した上で捨てる
・執着心を無くしてから捨てる

断捨離には冷静な目と心が必要です。
「断捨離するぞ!」と意気込むと、つい勢いで捨ててしまうこともあるでしょう。
後悔しないためにも、少し時間を置いて冷静な目で判断することが大切です。

捨てられないものを無理矢理捨てた後悔

断捨離は、一種の流行りから一つのライフスタイルとして定着しました。
『断捨離=いいこと』『ものを持たない暮らしは素晴らしい』
断捨離をする際に、この言葉を鵜呑みにすると非常に危険です。

断捨離は物事への執着を捨てる“考え方”を意味しています。
まずは簡単なものから処分を初めて、不要なものを処分するという過程で執着を捨てていきます。
断捨離の過程を間違えると、「やらなきゃ良かった」と後悔することにもなり兼ねません。

断捨離の大切なところは、簡単なものから始めるということです。
例えば洋服のような、買い替えが効くような、いくらでも代わりがあるようなものから始めると、要領が分かって上手く断捨離できるようになるものなのです。
それをいきなり重要なところから始めると、断捨離は怖いものになってしまうでしょう。
例えば思い出の品や写真など捨てるには躊躇してしまうものを断捨離のスタートに持って来ると、断捨離するぞ!という意気込みと勢いで捨ててしまうこともあるかもしれません。
物を捨てることに慣れていない人にとっては、判断基準が難しくなることもあるでしょう。

義務感で「捨てなきゃ」と思うやり方は、全くの逆効果になってしまいます。
執着を捨てるどころか、ますます執着心を強くしてしまう恐れがあります。
『物を持たない』ということが最終的な目的ではなく、執着を捨ててシンプルで身軽な人生を歩むことこそが目的です。
無理な断捨離はやめましょう。
捨てられない理由がある場合は、その気持ちを納得させてからでも十分間に合います。
後悔しない断捨離には、納得することが必要ですね。

洋服から始めると後悔しない?

断捨離を始めるに当たって、洋服は良い練習になります。
大切なものを断捨離する前に、自分の判断基準を明確にするためにも、断捨離に慣れることが必要です。
洋服はクローゼットに溢れていることが多く、不要なものも多いため、断捨離のスタートには最適なのです。
もしも洋服を捨てて後悔したとしても、代わりはいくらでもあります。
必要があればまた購入すれば良いですし、新しいもののほうが“今風”であることは間違いありません。
確かに出費することにはなりますが、後悔が長く続くことはないでしょう。
洋服の断捨離で多少失敗することがあったとしても、人生を左右するような重要な事態になることはありません。
さらに、洋服の断捨離は効果を感じやすいため、断捨離の良さを知るキッカケにもなるでしょう。

効果と後悔、どっちが大きい?

断捨離をして後悔をしても、その後悔はそんなに大きなものでしょうか。
例えば、うっかり思い出の品を捨ててしまった場合でも、心の中にその思い出はしっかり残っていませんか。
物がなければ思い出せないことなど、大した思いで出はありません。
物を捨てたことで感じる後悔は、ほんの一瞬のものではないでしょうか。
断捨離で得られた効果はに比べたら、ほんの僅かなものでしょう。
断捨離は『物事への執着を捨てる』という考え方です。
執着を捨てることで得られる効果は、人生を大きく変えることが期待できます。

そう考えると、一瞬の後悔を恐れずに多少大胆に断捨離をすることは、決して間違いではないということです。
「やって良かった!」と思える大きな効果は、後悔を払拭する前向きな気持ちを作ってくれるでしょう。

«
»