思い出の品を断捨離して後悔しないために

思い出の品を捨てる罪悪感

人からプレゼントしてもらったものや思い出の品は、例え使っていなくても捨てるのは気が引けるものです。
人の厚意を無下にするような、罪悪感さえ感じるでしょう。
また、手作りの物や描いてくれた絵、写真なども同様のことが言えますね。
「取り出して見ることもないのに、捨てるのは申し訳ない」そんな心境になってしまいますね。

しかし思い出の品とは言え、溜まってくると邪魔にもなります。
使えるものならとっくに使っているはずですが、使っていないから邪魔になるのです。

では、取っておくことにどれだけの意味があるのでしょうか。
使っていない、取り出して見ることもない、捨てるのは申し訳ないから取っておいているだけ。
この行為がすでにおかしなことになっていることに、お気付きでしょうか。
そうです、せっかくの思い出の品が厄介なものになっているのです。
すでに心の中で断捨離ができているなら、執着を捨てて「ありがとう」という気持ちを残して、『物』は捨てても良いのではないでしょうか。

しかしそれでも「思い出があるから捨てられない」という方もいらっしゃるでしょう。
もちろん、無理に物を捨てる必要はありません。
ただし、『ただ取っておいているだけのもの』になっているのなら、断捨離する方向で考えてみても良いのではないでしょうか。

自分の中の執着から離れる

思い出の品を捨てることに抵抗がある場合、断捨離の『執着から離れる』という考え方を持てるようになると心の持ち方が変わるでしょう。
思い出は、品物の中に存在するものではありません。
現に、その思い出の品を取り出して見ることはありますか?
思い出は心の中に残すことができます。
例えその品物がなくなっても、心の中の思い出までが消えることはありません。
経験したことは、記憶の中に残ります。
人のアイデンティティーは、多くが経験から得られています。
ですから思い出は、いつでもいくらでも語ることができるでしょう。

思い出の品は、どうしても取っておかなければいけない物ですか?
物事への執着から離れることで、人はシンプルに生きることができ、身軽で自由な人生を送ることができるようになれるでしょう。

家族の思い出

子どもが小さい頃に描いた絵や使っていたランドセルなど、家族の思い出の品を捨てることに抵抗を感じる方は多いでしょう。
しかし子どもが多ければ思い出の品物も多くなりますし、成長と共に増える一方ですので、そのための収納スペースが必要になる場合もあるでしょう。
そのような場合は、一つずつ思い出の品物の写真を撮ってメモリースティックやHHD、パソコンなどに保存すると良いでしょう。

品物に執着する必要はありません。
写真があれば見ることもできますし、保存に広いスペースは必要ありません。
何より、思い出の品物を捨てたからと言って、心の中の思い出は何も変わることはないのです。

また家族の写真も、捨てることには抵抗があるでしょう。
いまはデジタルカメラでデータとして写真を残すことができますが、昔の写真はプリントしたものですのでアルバムが何冊にもなってしまいます。
その写真を全部取っておくのは大変です。
しかし、写真を見返すことはありますか。
あるとしても頻繁に見ることはないでしょう。
写真の断捨離は非常に難しいことのように思われがちですが、実はそんなことはありません。
ほとんどの家庭では、1つのイベントで何枚もの写真を撮っています。
ですから1つのイベントで2~3枚の写真を残し、それ以外は処分をするというやり方で写真を減らしていきましょう。
写真を減らすとアルバムも少なくなり、見るときにも子どもの成長や家族の変化が分かって面白いものに仕上がります。
断捨離では、全てを無理に捨てる必要はありません。
そして1度で終わらせる必要もありませんので、何度でも見直しをしてください。

思い出の洋服

中学や高校の制服や、記念の式典に出席したときのワンピース、子どもの入学式や卒業式に来たスーツなど、思い出の洋服はいろいろあるでしょう。
思い出の洋服は『今』は着ることがないので、そういう意味では不要なものです。
断捨離をする際には、不要なものとして捨てる場合が多いでしょう。
しかし捨ててしまってから後悔することもあるかもしれません。
思い出というものはある意味厄介なもので、大事にしないことを良しとすることができない場合があります。
まして捨ててしまうという行為は、自分の中の罪悪感や後悔の原因となってしまうこともありますね。

どうしても残しておきたい場合は、上記の家族の思い出と同様に写真を取ってデータとして残しておくことをお勧めします。
洋服は着るためのものです。
思い出だけならデータで保存することもできますね。

断捨離でシンプルな部屋を作ろう

断捨離で思い出の品物を捨ててしまうと、場合によっては後悔することもあるかもしれません。
もしも後悔した場合には、断捨離の効果を考えてみると良いでしょう。
断捨離には、後悔する以上の効果があります。
「捨てなきゃ良かった」という思いよりも、「やって良かった」と思うことの方が多いでしょう。
不要なものがないシンプルな部屋は、断捨離で得られたものです。
何より、思い出の品物を捨てたとしても心の中の思い出は消えませんし、家族が記憶の中で共有しているものです。
「全てを失ったわけではない」と考え方を立て直してみましょう。
後悔を払拭するためには、前向きな考え方をすることが最も効果的です。

«
»