片付けできない人が断捨離で片付けをしたくなる部屋を作る

片付けができない人の特徴

最近、片付けられない人の部屋のことを“汚部屋”という言い方をしますが、そんな片付けられない人でも片付けをしたくなるような部屋を作りましょう。
片付けられない人のほとんどが、部屋のサイズに見合わないほどのたくさんのモノを抱え込んでいます。
捨てることが苦手で、不要なモノや無駄なモノも取っておくことが多く、結果的にモノの多さに紛れてゴミも溜まってしまうパターンが多いようです。

部屋中にモノが散乱していることに慣れてしまうため、散らかっていることに不便や生活のしにくさを感じることもないでしょう。
そのため改善しようという意欲も湧かず、結果的に“汚部屋”の状態を継続してしまうのです。
そして片付けができない人ほど、片付けるときには一気に片付けを行います。
ですからある意味では、断捨離に向いているのかもしれませんね。

しかし片付けられないほとんどの方が、一度片付けをしてもすぐに散らかった状態に戻ってしまい、そうなるとまた一念発起して片付けるまで“汚部屋”の状態が続いてしまいます。
それは片付け方に問題があると考える方が多いため、「自分は片付けがヘタだから」と思っている方が多いようです。
しかし、片付け術の本を参考に収納の工夫をしたり、様々なグッズを揃えて利用したりしても、結果的にはまた散らかってしまいます。
片付けられない人にとって、“片付け”は永遠に叶わないテーマなのです。

モノを持たない生活

片付けられない人にとっては、自分が日常的に片付けを継続するよりも片付けなくても良い生活を叶えることができれば、一気に問題は解決しますね。
『片付けの必要がない生活=モノを持たない生活』です。
“モノ”を持たないことで、片付ける必要性から解放されるのです。

そこで断捨離をすることをオススメします。
断捨離は、無駄なモノを増やさず、不要なモノを捨て、シンプルな生活を叶えることができます。
散らかるモノがなければ、片付ける必要はなくなります。
モノが少ないことで、使ったものを収納することもゴミを捨てることも少ないアクションで行うことができ、生活そのものに面倒がなくなります。
その結果、大して意識をしなくても、必要なモノ・不要なモノ・ゴミが全て一緒くたに散らかるような生活に戻ることはありません。

断捨離のコンセプトは“執着を捨てる”ということです。
執着を捨てることで、身軽で自由な生活を手に入れることができるでしょう。
断捨離は、片付けられない人ほどオススメです。

片付けられない人の断捨離とその効果

片付けられない人の多くが、モノに溢れた部屋で生活をしています。

『片付けられない』

 ↓

『持っているモノを把握していない』

 ↓

『既に持っているモノを買ってしまう』

 ↓

『モノが増える』

 ↓

『捨てられない』

 ↓

『モノが増える』

 ↓

『収納が難しい』

 ↓

『散らかる』

上記の繰り返しではないでしょうか。

断捨離をする前に、自分が持っているモノを把握してください。
場所ごとに全てのモノを取り出し、一つ一つ確認しながら“取っておくモノ”と“捨てるモノ”に分けます。
「取っておけば使うかもしれない」「捨てるのはもったいない」というモノでも、1年以上使っていないモノはもう使うことはないと判断しましょう。
また“取っておく”と選択をしても、無駄に場所を取るだけのモノになってしまいます。
一ヶ所の断捨離を始めたら、必ず最後まで行ってください。

断捨離を行うことで、収納スペースに余裕が生まれます。
カテゴリー別にファイルボックスなどで分け、取り出しやすく仕舞いやすい収納にすると良いですね。
モノが少なくなることで散らかることがなくなり、取り出しやすさや仕舞いやすさを意識することで、持っているモノを活用することができますし、片付けが面倒ではなくなることが期待できます。

『持っているモノを把握している』

 ↓

『無駄な買い物はしない』

 ↓

『最小限のモノで暮らす』

 ↓

『不要なモノはすぐに捨てる』

 ↓

『モノを増やさない』

 ↓

『収納しやすい』

 ↓

『散らからない』

片付けができない人ほど、断捨離の効果は大きく感じられるでしょう。

掃除しやすい部屋

片付けができない人は、掃除をすること自体が困難ではないでしょうか。
「掃除をしなくても死なないから」
それはそうかもしれませんね。
しかし、掃除をしていないところに良い運気が舞い込むことはありませんし、神様は静かで清潔なところが好きだそうです。
断捨離をしてモノを減らし、片付けが容易にできるような部屋になれば、掃除機をかけることも拭き掃除をすることも簡単になります。
人は面倒なことはしたくはありません。
掃除機をかけるために床の上に散乱しているものをベッドや机の上に上げたり、拭き掃除をするためにモノを除けなければいけないとなると、掃除をしたい気持ちにはなれないでしょう。

断捨離で散らからない部屋を作り片付けが簡単になることで、掃除がしやすい部屋になります。
「モノが散らかっていても気にならない」という方でも、一度しっかり断捨離をしてシンプルな部屋になることで、快適で暮らしやすい空間を作ることが可能です。
片付けができない人ほど、断捨離は効果を感じます。
生活の中の面倒がなくなり、きっと人生が変わります。
『全てが上手くいかない』と感じている方、靄がかかったようなすっきりしない毎日を送っている方、部屋が散らかっていませんか。
是非、断捨離をしてください。

«
»