断捨離で何もない部屋を作る!

ミニマリストとは

ミニマリストと言う言葉をよく耳にするようになりましたね。
テレビや雑誌で取り上げられたり、インターネットで特集を組まれたものを目にすることもあるでしょう。
しかし『ミニマリスト』の言葉の意味は、「何となく分かる気がする・・」という感じでモヤッとしている人が多いようです。

ミニマリストは『最小限主義者』という意味で、“必要最低限のものだけで暮らしている人”のことを指します。
無駄なものや不要なものは一切持たず、所有するものをできる限り減らし、本当に必要なものだけで生活をする人たちのことです。
ものが溢れている現代にあって逆行する考え方だとも言えますが、それは最小限のものだけで豊かな人生を生きるという考え方なのです。
大量生産、大量消費、所有するものの多さが豊かさを示すような風潮がある現代にあって、ミニマリストはある種の衝撃を与える考え方だと言えるでしょう。

ミニマリストのライフスタイルは出来る限りものを持たないため、自分の生活に本当に必要なものは何か、自分の人生に一番重要なものは何なのかを考えるキッカケにもなります。
本当に必要なものは良質のものを必要な分だけ揃え、無駄な買い物をしない分だけ所有するものにこだわりを持つのもミニマリストの特徴だと言えるでしょう。
多くのものに囲まれながらもいつも心が満たされない人が多い現代にあって、ものを持たずに心を満たすミニマリストは、現代に合った生き方なのかもしれませんね。

モノを持たないことのメリット

断捨離をして、所有しているものを処分することで、何も持たない部屋を作ることは可能です。
ただし、何でもかんでも捨てれば良いというものではありません。
最小限のモノで生活を成り立たせる必要があるのです。
断捨離では、モノを減らすことを勧めています。
それは、物事への執着から離れることを目的としており、『モノを持たない=執着から離れる』ということです。

では、モノを持たないことのメリットには、どんなことがあるのでしょうか。

・常に部屋がきれい

モノを持たないこと利点の一つに『掃除が楽になる』ということがあります。
掃除が楽なので、部屋は常にきれいに保つことが可能です。
掃除機をかけたり拭き掃除をする際にモノをどけたり動かす手間がなくなりますので、簡単に手早く掃除をすることができます。
結果的に“掃除好き”になる方が多いのも頷けますね。

・モノを探すことがない

最小限のモノで暮らしていると、モノを失くすということがありません。
ですから出掛ける間際にモノを探すようなことはなくなります。

・大切なものが分かる

必要最低限のモノだけを所有する生活では、何が大切なのかをはっきりと自覚することができます。

・出掛ける準備が早い

モノを持たない人は、部屋が散らかっていないので非常に動きがスムーズです。
また、モノを失くすことがないため、出がけにバタバタすることがないでしょう。
持っている洋服も少ないので、洋服選びに時間がかかることもないでしょう。
余計なことに時間をかける必要がないため、出掛ける準備はとても早くなります。
朝の貴重な時間を無駄にしないという利点がありますね。

・引っ越しが楽

最小限の生活用品しか持たない生活では、何日も前から荷造りをする必要はありません。
また、引っ越し先で荷解きをするもの簡単です。

・作業に集中することができる

モノがないということは、それだけ誘惑するモノもないということです。
ゲームや漫画本など、目に付くところにあるとつい手を出してしまいます。
また、部屋の中が散らかっているとつい片付けに手を出してしまったり、夜中の模様替えの経験がある方もいるでしょう。
モノがなければ作業に集中することができ、時間を無駄にすることがありません。

・浪費しない

部屋にモノがない生活を送っていると、無駄なモノを買い足すことがなくなります。
ですから浪費することがなく、結果的にお金が貯まります。

生活に最小限必要なもの

生活に最小限必要なものだけを持つ生活では、本当に自分が気に入ったものだけを所有して暮らすことになります。
不自由はないだろうか?
生活がつまらなくならないだろうか?
そんな不安を持つのは当然です。
しかし『自分が気に入ったものだけ』に囲まれた生活は、物事への執着から解放されて心を豊かにしてくれます。

ただし、今すぐ部屋の中のものを一気に処分することは難しいでしょう。
無理をする必要はありません。
無理をして一気に捨ててしまうと、後悔することもありますし、気分が晴れない場合もありますので注意が必要です。

少しずつものを処分をし『ものを管理する』ということから解放されれば、自然と執着する気持ちから解放されるようになるでしょう。
日常的に『捨てる』ということや『ものを増やさない』ということを意識して、徐々に進めると良いですよ。
そうするうちに、ふいに無駄なものに囲まれて生活していることを自覚することができるでしょう。
そうなったときこそ一気に断捨離をして、ものを持たない生活を始めるチャンスです。

暮らしに不便を感じたら

ものを持たない生活を始めて、もしも不便を感じることがあったら、そのときは必要なものを購入すれば良いのです。
もちろん代用品がある場合は、活用すると良いですね。
断捨離は、絶対にものを増やさないわけではありません。
不便を感じながら、我慢をして生活するのでは本末転倒です。
「絶対にものを増やさない!」と頑なにならず、臨機応変に必要なものは購入しましょう。
一度は捨てたものでも、「やっぱり必要だった」と購入することになる場合もあります。
そのような場合は、捨てたことを後悔しないためにも、以前のものより少し良いものを購入すると良いですね。

«
»