部屋の片付けができない人のための断捨離

片付けできない人におすすめできない断捨離

断捨離は、“物を捨てる”ということ向き合う作業です。
物事への執着から離れるという考え方を持つことが断捨離ですが、作業としては“物を捨てる”ということがメインになります。
ですから、片付けができない=物を捨てられない人にとっては、苦痛を伴う場合があります。

「以前、断捨離をして失敗した」
「どこから始めていいのか分からない」
「もしも捨ててから後悔したらどうしよう」
「自分にできるだろうか」

断捨離をする前に、このような不安を持つ方も少なくありません。
物を捨てることに慣れていない人にとっては、『物を捨てる』という作業自体が不安材料になるでしょう。

断捨離のイメージは、『一気に物を捨てる』というものではないでしょうか。
しかし片付けができない人の場合、一気に物を捨てることで断捨離に失敗することは大いに考えられます。
判断に迷い、勢いで必要なものまで捨ててしまったり、闇雲に物を捨てることだけを目的としてしまっては、本来の断捨離はできません。
断捨離は、物事への執着から離れる考え方を持つことです。
ですから片付けができない人でも時間をかけて少しずつ物を捨て、執着から離れることができれば、断捨離に成功することができるでしょう。
急いでマニュアル通りの断捨離をするより、自分の心と向き合って、持っている物への執着から離れることができれば苦痛を伴うことなく、断捨離を行うことができますよ。

自分の物を見直す

自分が持っている物を全て把握している人はほとんどいないでしょう。
持っていても忘れているものもありますし、確実に不要なものもあります。
まずは自分が持っている物を見直してみてください。
既に捨ててしまった家電製品の取り扱い説明書、片方しかない靴下、期間が終わった割引券、いつのものか分からないダイレクトメール、インクが出なくなったボールペンなど、確実に不要なものを捨てることから始めてください。
捨てているうちに、自分の持っているものの中にほかにも不要なものがあることに気付くでしょう。
捨てられるものから捨てれば良いのです。
執着がなくなれば、楽な気持ちで捨てられるようになります。
しかしどうしても物を捨てられない場合、無理をして断捨離をするとリバウンドする可能性がありますので、決して無理をしてはいけません。
断捨離に失敗するケースのほとんどは、「無理をして一気に物を捨てた」という例です。
断捨離は執着への意識を変えることが最終的な目的ですが、闇雲に物を捨てることで執着を強くしてしまう場合もありますので、心と向きうことが必要ですね。

片付けられない女性が断捨離するキッカケ

現在、片付けられずに汚部屋になってしまう女性が増えています。
実は汚部屋の確率は、男性よりも女性の方が高いことをご存知でしょうか。
『部屋が片付けられないのは心の問題だ』とも言われています。
女性が部屋を片付けられない理由の一つに、解決できないコンプレックスを抱えているからだという説もあります。
部屋を片付けられない女性が断捨離をするキッカケに、生まれ変わりたいという願望を持つことや、恋愛や仕事で自信を持てるようになったことが挙げられます。

逆に、断捨離をすることで生まれ変わることができたり、自信を持つことに繋がることもあります。
部屋を片付けて断捨離をした途端に恋愛が上手くいくようになったり、無駄なものを買わなくなったことで無駄な時間を過ごすことがなくなり、結果的に時間にもお金にも余裕ができます。
持っている洋服が少なくなることで洋服を大切に扱うようになり、部屋に放り投げておくこともなくなるでしょう。
断捨離は、一つの考え方です。
考え方一つで生活や人生が変わるかもしれないのが、断捨離なのです。

断捨離で生活が変わる訳

断捨離をすることで生活は一変します。
もしも片付けをできない人が「片付けられる人になりたい」と思っているのなら、前向きに断捨離について考えてみましょう。
もちろん急ぐことはありません。
上記でもお話ししましたが、心の居り合いが付くまでは、勢いだけで一気に物を捨てるようなやり方をしてはいけません。

しかし片付けられない人ほど、実は断捨離の大きな効果を得られるということを覚えておいてください。
つまり、こうです。
断捨離をして持っている物を減らせば片付けは簡単になり、片付ける“もの”が減るということです。
無駄な買い物をしなければ家の中に散らかるものは増えませんし、不要なものを捨ててしまえば掃除も楽です。
何より、物が少ないことで自分が持っている物を把握することができますし、必要なものしか残さないことで不要なもので部屋が散らかることもありません。
断捨離を前向きに考えて、少しずつ『不要な物を捨てる』という作業に自分を近づけていきましょう。
気持ちに無理をせずに自分の物を捨てられるようになったら、断捨離をスタートさせてみませんか。

«
»