洋服を断捨離するには!

洋服を断捨離する基準

腐るわけでもない洋服は、ややもすれば溜まりに溜まってしまいます。
1枚1枚は差ほど場所を取るわけではありませんが、溜まってくるとかさばってそれなりに場所も取ってしまいます。

「また着るかもしれない」「これは高かったから」と、捨てられない洋服。
或いは、「こんなのあったっけ?」と、忘れていた洋服。
さらには「めんどくさいから取っておこう」と、とりあえず取っておいている洋服など。
整理されていないクローゼットは、洋服が溢れているでしょう。
しかし、日々着るものは大体決まっていませんか?
気に入った何着かを着回しすることがほとんどではないでしょうか。

そこで『断捨離』です。
断捨離は“無駄なものを増やさない”“不要なものは捨てる”“執着することから離れる”ということです。
まず第一に、今まで溜めに溜めた洋服の中から不要なものを処分しなければいけません。
スムーズに断捨離を行うためには基準が必要ですね。
感情的に「もったいない」「まだ着るかも」と処分できずにいては、断捨離にはなりません。

まず最初に、気に入ってよく着ている洋服は先に取っておきましょう。
そして迷ったら。

①傷みのある洋服は処分する

穴やほつれ、汚れやシミなどがあるものは捨てましょう。
「ほつれを直せば着られる」「シミ抜きをしようと思ってた」は、必要な洋服ならとっくにやってますよ。

②自分に合わない洋服は処分する

現在、サイズが合わない、似合わない、年齢が合わないものは処分しましょう。
「痩せたら着るから」「高かったから」で、この先もしまいっ放しになりますよ。

③相性が悪い洋服は処分する

肌触りが不快、着心地が悪いものは処分しましょう。
デザインが気に入っていても、着心地が悪いものは着ませんよ。

④1年以上着ていないものは処分する

「そう言えば、今シーズンは1回も着なかった」というものは処分しましょう。
来シーズンもしまいっ放しになりますよ。

どんなに気に入って買ったものでも高かったものでも、『着ない洋服』はタンスの肥やしにもなりません。
流行は変わりますし、「高かったからもったいない」と思うものでも、着なければ意味はないのです。
また「痩せたら着よう」「痩せれば着られる」など“たら”“れば”で取っておいているものも、すぐに着る予定がないなら思い切って処分です。
ただし、どうしても結論が出せない場合は、鏡の前で着てみましょう。
「どうして今まで着なかったんだろう!」と思うなら、取っておいても活躍しそうですね。
しかし着てみて、「だから今まで着なかったんだ」と着ていなかった理由を再確認するようなら、取っておいても着ることはないでしょう。

処分するか取っておくか素早く判断するコツ

とは言え、洋服には思い入れがあるものもありますし、判断に苦しむ場合もあるでしょう。
洋服が多ければそれだけ時間もかかりますし、判断力の維持が難しいこともあるでしょう。
そのような場合、素早く判断するコツとして、その洋服は『今』必要なのか?を考えてみましょう。
「昔は気に入ってヘビロテして着ていた」と過去の思い出しかないものや、「いつか着るかもしれない」と未来の妄想しかないものは、つまり『今』は必要ないということです。
悩んだら、「この洋服は『今』すぐに活躍できるのか?」を考えてみましょう。

洋服を処分する方法

不要な洋服を取り分けたら、次は『どう処分するか』を決めなければいけません。
そのためには取り分けた不要な洋服を“着られない洋服”と“着られる洋服”に分ける必要がありますね。
穴やほつれ、汚れやシミがある、時代遅れなど“着られない洋服”は、ゴミとして捨てます。
そして“着られる洋服”は、処分の方法を決めましょう。

処分の方法

・知り合いや親戚に譲る
子どもの洋服でサイズが小さくなったものなどは、知り合いや親戚の子どもに譲ると喜ばれる場合があります。
ただし、親は子どもの洋服に思い入れがあるため贔屓目の判断をしがちですので、汚れやシミなどは厳しくチェックするようにしましょう。
また、大人のものでもブランドものや新品であれば、迷惑にならずに譲ることができるでしょう。

・フリマで売る
最近はネットフリマなどの利用も簡単になっていますので、上手に活用をして売却すると良いですね。
やはり傷みや汚れがないかをきんちんと確認し、後々トラブルにならないように気を付ける必要があります。

・リサイクルショップに売る
洋服のリサイクルは、ブランドものや人気のあるものでなければ比較的安価で取引されますが、不要な洋服を処分する方法としては有効ですね。

宅配買取業者の利用

近隣にリサイクルショップがない場合や、処分する洋服の量が多くて持ち込みが大変な場合は『宅配買取業者』を利用すると良いでしょう。
フリマなどの自分で出品する手間がないため、面倒なことはほとんどありません。
『買取業者』と聞くと、「ブランド品じゃないとダメなんじゃない?」と思う方が多いようですが、そんなことはありません。
業者によっては「ブランド品のみ取り扱い」としているところもありますが、ノーブランドでもユーズドでも買い取り可能な業者もたくさんあります。

不要な洋服の処分で店頭に持ち込みできない場合は、宅配買取業者も選択肢に入れて検討してみましょう。

»