断捨離の進め方と方法

まず場所を決める!

断捨離という言葉で『モノを捨てること』という印象を持っている方は多いでしょう。
しかし断捨離は、モノを捨てるだけではありません。
執着から離れて、不要なものを捨て、無駄なものを買わない、つまり“不要なモノを持たない”シンプルな生活を継続して送ることができるのです。
さらに断捨離は、ただ『モノを捨てて』『モノを持たない』生活を継続して送ることを意味するものではありません。

断捨離には基本に“執着から離れる”という考え方があります。
物事への執着を手放すことで、不要なモノ、不要な人間関係、不要な見栄、不要な不安などを、抵抗なく捨てることができるようになります。
シンプルで暮らしやすい生活を手に入れ、豊かな人生を生きることを目的としています。

その第一歩が、『最初に断捨離をする場所を決める』ことから始まります。
断捨離は、手を付けたら効率よく手早く進めなければ、心身ともに疲れてしまいます。
ですから、断捨離をする場所を決めて一ヶ所ずつ進めていくことをお勧めします。

手早く効率よく断捨離をするために、小さい範囲で始めると良いでしょう。
小さい範囲を一気に断捨離をすることで、無駄にダラダラすることもありません。
小さい範囲というのは『引き出しの中』や『衣装ケースの中』など、できるだけ狭い範囲で区切ると良いでしょう。
『クローセットの中』や『押入れの中』では範囲が広すぎます。
やってみると分かるのですが、断捨離は思っている以上に労力を使います。
狭い範囲で区切って、疲れたら「今日はお終い」としましょう。

片付けの進め方

まず、決めた場所にある物を全て出します。
その場所を空にしてください。
恐らく、全てを出すと「なんでこんな所にこんなモノがあるの!?」というモノもあるでしょう。
大切なのは、持っているものを把握することです。
全てを出したら、“必要”か“不要”かで分けます。
中には、決められないモノもあるでしょう。
決められないモノは“決められないモノ”という括りを一つ作っておきます。
“必要”だと判断したものは取り出した場所にキレイに収納してください。
“不要”なものは捨てます。(或いは、リサイクル業者やフリマアプリなどで売却することもできます。)

問題は“決められないモノ”です。
それはどうして決められないのでしょうか。理由を考えてみてください。
「いつか使うかもしれないから」「壊れていないから」などの理由の場合は、取っておいてもそのモノが活かされることはないでしょう。
活かされないモノは不要なものです。捨ててください。
「使うから」と明確に言える場合は、すぐに活かされるということですね。
捨てずに取っておきましょう。
今度はちゃんと使えるように、使う場所にすぐに移動してください。

モノが増えないように

断捨離をして部屋がスッキリ片付いたら、次はその状態を維持する必要があります。
断捨離をすることの大きな利点として、『部屋が散らからない』『片付けという概念を持つ必要がなくなる』ということがあります。
ですからその状態を維持するためには、無駄な買い物をしないことが必要ですね。
『安かったから』『タイムサービスだったから』『限定品だったから』などの理由で買ったモノは、本当に必要なものではない可能性があります。
買い物をするときには、『いま必要だ』という状態に基づかなければいけません。
生活に必要なモノは、意外と少ないものです。
・代用できるものはないか。
・本当に必要か。
・洋服の場合は代わりに捨てる洋服はあるか。
・食材の場合は食べきることができるのか。
などと考える習慣を持つことです。

不要な見栄でモノを買ったり、不要なほどのストックを抱えることは、とても無駄なことです。
執着しないという考え方が重要ですね。

思い出の品物を断捨離する

思い出の品物を捨てるのは心が痛みますね。
では思い出の品物を、取り出して見ることはありますか。
それが心の支えになって頻繁に取り出して見ているのであれば、必要なモノですね。
また、目的があって取っておいているモノも必要なモノだということです。
しかし、『思い出の品物は一ヶ所にまとめて収納しているけど、取り出して見たことはない』という方が多いのが現状です。
確かに、思い出の品物を捨てることには抵抗を感じるかもしれません。
しかし取り出されることのない思い出の品物は、既にただのモノだということです。

生きていれば、思い出は増える一方です。
思い出の品物がそこになくても、記憶の中に思い出があるはずです。
大切なのは、思い出の品物よりも思い出ではないでしょうか。

ただし、思い出の品物を断捨離するときは、自分の心と向き合って納得した上で行いましょう。
無理をして「捨てることが正しいんだ!」「捨てなければいけないんだ!」と無理矢理言い聞かせて捨てるのは良くありません。
断捨離は拷問ではないのです
執着を捨てることができれば、思い出の品物を断捨離しても心が痛むことはないでしょう。

«
»