断捨離をスムーズに行うためのルール

ものを捨てる基準

断捨離を始めたばかりの方にとって、ものを捨てることが難しい場合があります。
壊れていないものやまだ使えるものを捨てるということに抵抗を感じて、「取っておけば使うかもしれない」「もったいない」「高かったから」など、捨てない理由はいくらでも思い付きます。
しかし捨てられない理由で自分を正当化して、使わないものを溜め込み、どんどんものが増え、現状に至るということを思い出してください。
断捨離は、ものを捨てることから始まります。
そこで“ものを捨てる基準”を作り、判断を簡単にし、悩まずに断捨離を行いましょう。

壊れているもの、期限切れのもの

インクが出ないペンや欠けた食器、穴が開いた洋服、使用期限や賞味期限が切れたものなどは、既に使えないものですので捨てましょう。

使いにくいもの

洗いにくくで使っていない食器、着心地の悪い洋服、使い勝手の悪い家電用品など、壊れていないものでも使いにくいものは捨てましょう。
使いにくいものはストレスの原因になりますし、それがあることで新しいものを買うことができません。
捨てることができれば、使い勝手の良いものを買うこともできます。

気に入っていないもの

気に入っていないものでも、「捨てるわけにはいかないから渋々使っている」ということがあります。
わざわざ気に入っていないものを大事に使い続ける必要はありません。
気に入っていないものは、捨てましょう。

あってもなくても良いもの

あることに意味がないもの、あってもなくても良いものは、取っておくだけで場所を無駄に使ってしまいます。
なくても困らないものは、捨てましょう。

2つ以上あるもの

1つあれば十分なものが2つ以上ある場合は、1つだけ残して捨てましょう。
ただし、消耗品など使い切ることができるものの場合は、一定数を保管すると良いでしょう。

嫌な記憶が蘇るもの

見るたびに嫌な記憶が蘇ってしまうものは捨てましょう。
わざわざ嫌な記憶を思い出すものを取っておく必要はありません。
幸せな空間を作るためには、あってはいけないものです。

一定期間使っていないもの

1年使っていない調理器具、2年着ていない洋服など、自分なりの期間を決めて使っていないものは捨てましょう。
まだ使えるものであっても、使わないものを取っておくのは無意味です。

上記の基準を以て断捨離に臨むことで、悩むことなくものを捨てることができるでしょう。
捨てる基準が明確であることで、捨てたことを後悔することもほとんどありません。

家族のものは勝手に捨てないルール

断捨離をする場合は、必ず家族の同意を得るようにしてください。
断捨離は、ただ片付けをしたり模様替えをするのとは訳が違います。
共有スペースのリビングやダイニングなどの雰囲気も、場合によっては大きく変わってしまいます。
心の準備もなくいきなりものがなくなると、戸惑う場合もあります。
また、何も知らされていなければ、不安になったり不快になることもあるかもしれません。
ですから、家族がいる方が断捨離をする場合は、必ず相談をして同意を得てから始めましょう。
そしてルールを作るようにしてください。

もちろん個々のスペースのものを勝手に捨ててはいけません。
家族であっても、トラブルの原因になる可能性があります。
家族のものは本人と一緒に捨てましょう。
共有スペースのものでも捨ててほしくないものを確認するなど、家族会議を開くことをお勧めします。

自分の感情は無視して捨てる

断捨離に感情は必要ありません。
むしろ感情が断捨離の邪魔をすることもありますので、基準に沿って淡々と進めることをお勧めします。
例えば、人からもらったものは捨てにくいものですが、使っていないものは捨てるルールです。
この場合、感情を無視することができれば基準に沿って簡単に捨てることができますが、感情に目を向けてしまうと捨てることが難しくなってしまいます。
「せっかくもらったものだから・・」
「捨てたことがバレたら、嫌なヤツだと思われる」
「高価なものなのに・・」
そんなことを考えていたら、使っていないものでも捨てることができなくなってしまいますね。
使っていないという時点で不要なものです。
もらっても使っていないものは捨ててしまいましょう。

また、自分で買ったものの中でも、使う機会がないものはあるでしょう。
『買ったのに使っていない』ということは、どこかで捨てることに罪悪感を感じますし、買ったことを後悔している気持ちもあるでしょう。
ですから罪悪感も後悔も、そのものと一緒に捨ててしまうのです。
目の前からなくなれば、思い出すことはないでしょう。
勝って失敗したものは、捨てて忘れることです。
使っていないものを捨てることで、買い直す機会にもなるでしょう。

このように、自分の感情がものを捨てにくくすることがありますので、感情は無視することです。
捨てる基準は明確にあれば、感情とは関係なく捨てることができるでしょう。

ものを捨てても暮らしは豊かにならなければ意味がない

断捨離をしてものが減り、シンプルな生活を送るようになったとき、ものがないことで生活がしにくく我慢や苦痛が伴うようでは、断捨離の意味がありません。
断捨離では、『ものを捨てることで執着を手放す』という考え方がコンセプトになっています。
執着を手放すことで、穏やかで安定した気持ちで日常を過ごすことができ、人間関係は円滑になり、スペースや時間さえも無駄に使うことはなくなります。
しかし無理をした断捨離や、勢いで捨てすぎてしまった断捨離は、多くがその後に後悔や罪悪感に悩むことになります。
断捨離が後悔の原因にならないよう、初めて断捨離を行う方は慌てず急がないで行うようにしてください。

«
»