洋服の断捨離、コツとポイント

クローゼットの中の洋服を全部出す!

洋服の断捨離をする際、まず最初にクローゼットの中の洋服を全部出してください。
全体量を把握し、奥にしまい込まれて忘れられている洋服も全て出して、『取っておくもの』『捨てるもの』『リサイクルするもの』に仕分けをするためです。
このとき、「とりあえず半分だけ」などということをしてはいけません。
重要なのはどれだけ溜め込んでいたのか全体量を把握することと、全てをきちんと仕分けすることです。

クローゼットに収納しきれなくなったときに処分する習慣がない方は、クローゼットの使い勝手より「どうやってたくさん収納するか」を重視しがちです。
洋服を全部出したとき、「こんなに入っていたの!?」と驚く方も多いのではないでしょうか。
そうです、クローゼットの中は知らないうちに洋服で溢れてしまい、気付いたときにはいっぱいになっているものなのです。
だからこそ、断捨離が必要なのです。

クローゼットから全部出して一気に仕分けをするので、「今日は洋服の断捨離をする!」と気合いを入れて始めてくださいね。

シーズンごとの断捨離

クローゼットの洋服を全て出したら、まずシーズンごとに洋服を分けましょう。
枚数が多いシーズンと少ないシーズンがあるかもしれませんが、目安は各シーズンでアイテムごとに5枚ずつ、トップスイン・トップスアウト・ボトムスそれぞれ取っておくものを決めます。
ここで気を付けなければいけないのは、取っておくために理由づけをしないことです。
例えば、Tシャツを5枚に絞り込むことができずに、「これは部屋着として取っておこう」「こっちは予備として」などとトップスが5枚以上になってもOKにしてしまうこと、これは断捨離をする場合に絶対にしてはいけないことです。
取っておく5枚が決まったら、それ以外は捨てるかリサイクルするか、或いは知人に譲るなど、必ず手放して下さい。
「そこまでする必要があるのか?」と考えるかもしれませんね。
そこまでする必要があるのです。
何故なら、断捨離の目的は物事への執着を捨てることだからです。
シンプルに各シーズンで1アイテムに付き5枚ずつ、これを目安にして『1枚買ったら1枚処分』『1枚ダメになったら1枚買う』というのを繰り返して、無駄なものや不要なものを持たないようにします。
処分が大変なのは最初だけです。
どうしても決められないときは、着てみることをお勧めします。

衣替えごとの見直し

一度断捨離をしたら、無駄なものや不要なものを増やさないように、衣替えごとの見直しが有効です。
シーズン中に1度も着なかったものは処分した方が良いですね。
また、傷みや色褪せがあるものも処分しましょう。
そして、1着処分したら1着買います。
手持ちの洋服をアイテムごとに枚数を一定に保つことを心掛けることで、無駄なものや不要なものを増やさないことに繋がります。
新しい洋服が欲しいときには、「捨てる洋服はあるかな?」と考えると良いですね。

断捨離したものの処分の方法

では、断捨離するものはどのように処分したら良いのでしょうか。
処分の仕方はいくつかあります。

・ゴミとして捨てる
・リサイクルショップや買取業者に売る
・知人や親せきに譲る

傷みや色褪せがあるもの、ファスナーの壊れやほつれがあるものは捨てましょう。
多少色褪せがあっても気に入っているものや高かったものは取っておきたくなりますが、「気に入っていたから」や「高かったから」という理由で取っておくのはやめましょう。

ブランド品や新品同様のもので着ないものは、リサイクルショップや買取業者に売れば高値が付く可能性がありますが、知人や親戚に譲ることもできますね。
売る場合や人に譲る場合は、洗濯をしてアイロンをかけるかクリーニングに出して、キレイな状態で渡すことを心掛けましょう。
買取業者では、その手間をかけるだけで買取価格が高くなることもあります。

モノをどんどん捨てるのが断捨離??

断捨離と聞くと「モノを捨てること」だと思っている方が多いようです。
『無駄なものや不要なものを捨て、シンプルに身軽に暮らす』という意味では、「モノを捨てること」だと言っても間違いではありませんね。
しかし断捨離は、決してモノを捨てることを目的としたものではありません。
断捨離は、物事への執着を捨てる“考え方”を指しています。

物事への執着は、人生を生きにくくさせます。
無駄なものや不要なものを抱え、人間関係を面倒にし、生活を混乱させる恐れがあるのが執着です。
断捨離は物事への執着を捨てることで、人生の風通しを良くしてシンプルに身軽に生きることを目的としています。
断捨離とは、その『考え方』を指しているのです。

無駄なものを買わない(断)、不要なものを捨てる(捨)、執着から離れる(離)、これが断捨離です。
「モノをどんどん捨てることが断捨離」というところから入ったとしても、続けるうちに物事への執着を捨てるという『考え方』に到達することも期待できるでしょう。

«
»