写真を断捨離する方法

思い出の品の断捨離は最後

断捨離は、簡単な場所から始めることを勧めています。
小さな引き出しや洋服などが始めやすいでしょう。
というのも、断捨離の目的はモノを捨てることではありません。
「えっ!断捨離ってモノをどんどん捨てることでしょう!」と思う方もいらっしゃるかもしれませんね。
確かに断捨離をする上で、モノをどんどん捨てることは必要です。
しかしその先に『執着から離れる』という考え方を持つことが目的として待っています。
“不要なモノを捨てる”という行為を通して、『執着から離れる』のです。
ですからいきなり思い出の品や思い入れの深いモノを捨ててしまっては、後悔をしたり執着を深くする恐れがあります。
簡単に気軽に捨てることができ、もしも捨てたことを後悔したとしても代わりのモノを購入することができる手軽さが必要です。
引き出しの中にある、いつ買ったかも忘れてしまったような髪ゴムやヘアピン、インクが出ないペンや用の済んだ手書きのメモなど、捨てることに罪悪感など感じないでしょうし、捨てたところで後悔もしないでしょう。
また、流行遅れ、シミや傷み、サイズが合わない洋服などを捨てると、クローゼットの中がスッキリして気持ち良いでしょう。
しかし洋服の中には、捨てる?取っておく?と悩むものもありますね。
そこで捨てると決断することで、徐々に執着から離れることができるのです。

思い出の品は、そのような断捨離を場所を変えて何度も繰り返して、執着しない気持ちで臨むと良いでしょう。
すんなり捨てることは難しいかもしれません。
そのような場合は、無理をしないことです。
無理矢理捨てて後悔をすることで、リバウンドすることもあります。
納得して、断捨離するようにしましょう。

古いアルバムの断捨離

昔は写真をデータで保存するということができませんでした。
ですからほとんどの人が写真をアルバムで保管していましたし、アルバムは何冊もありました。
今もアルバムをそのまま保管している人は多いでしょう。
そのような古いアルバムは、どうやって断捨離したら良いのでしょうか。
写真を全て捨てる必要はありません。
しかし全て取っておく必要もないでしょう。

アルバムを開いてください。
同じシチュエーションの写真が何枚もあるでしょう。
また同じ年代の写真が何枚もありますよね。
その中から1枚を選びます。
もちろん、全てのシチュエーションや年代で1枚ずつ取っておく必要はありません。
ミニアルバムを用意して、1冊分だけ取っておくことにしてはどうでしょう。
面白いもので、たくさんの写真を何冊ものアルバムで保管しておくよりも、限られた枚数の写真を1冊のアルバムで取っておいた方が手軽に開いて見るようになるものです。
小さい頃からの写真を1冊にまとめると、成長の様子も分かりやすいですね。
ピックアップした写真以外は、思い切って捨ててしまいましょう。

データで保存

デジカメの時代になってからは、写真にして保管することは少なくなったでしょう。
撮影した画像は、データで大量に保存しておくことが可能となりました。
メモリーカードやHHD、パソコンで保存することも可能です。
パソコンの場合は、バックアップを取っておかなければ一瞬で消えてしまうことがありますので、気を付けましょう。
もちろんプリントアウトしてアルバムに入れて保管することも可能ですが、断捨離には不向きですね。

また、紙に現像した昔の写真をデータ化できることをご存知でしょうか。
写真をデータ化するためのスマホアプリもありますし、専用スキャナもあります。
業者に頼めばお金は掛かりますが、写真を持ち込むだけでデータ化することが可能です。
データで保存することの何よりのメリットとして、保存に場所を取らないことが挙げられますね。
嵩張らない、場所を取らない、全ての写真を保存することができる、など良いことづくしです。
ただし、自分でやると手間も時間もかかりますし、業者に依頼するとそれなりの費用がかかります。

写真は、撮り続けると増える一方です。
小まめに整理する必要がありますが、データを全て引っ繰り返して確認するのは骨の折れる作業ですね。
ですからデータで保存をする前に、ある程度の枚数まで断捨離することをお勧めします。
撮った画像を全て保存するのは『ただ取っておくだけ』の無駄な保存の仕方となってしまいます。
取っておきたい画像だけを厳選して、保存するようにしましょう。

写真を整理する方法

何枚もの写真を全てデータで保存するとなると、せっかく撮った写真を見る機会がなくなってしまいます。
撮った写真はお気に入りのものだけをプリントアウトして写真立てで飾ったり、引き伸ばしてパネルにして飾ることもできます。
しかしモノを置かずにスッキリと暮らすことを目指している場合は、写真を飾ることにも抵抗があるかもしれませんね。
そのような場合は、フォトブックを作ることをお勧めします。
まるで写真集のような1冊のフォトブックにまとめられるので、とてもオシャレで邪魔になることはありませんね。
年に1冊の割合でフォトブックを作ると、整理しやすくなりますね。

«
»