洋服を断捨離するときの基準

断捨離の方法

断捨離を初めて行う方にとって、『取っておくもの』と『処分するもの』の基準は必要でしょう。
洋服の中には、『確実に捨てるべきもの』や『絶対取っておきたいもの』もありますが、「どうしよう」と悩むものもあります。
判断基準があれば、悩んだときに決めやすくなることは間違いありません。
洋服の中には、想像以上に捨てることに抵抗があるものがありますので、そのような場合にはドライに判断基準でどうするかを決めましょう。

①シーズン中1度も着ていない洋服は処分する

これは最も効率的な断捨離と言えますね。
シーズンごとに衣替えを行う際に『今シーズン着なかったものは処分する』と決めておくと、無駄な洋服を取っておくことがなくなりますね。
ただし、捨てられないものは、2~3年取っておいて判断しても良いでしょう。

②1枚買ったら1枚処分する

洋服を買えば所有する洋服は増えます。
しかし洋服が増えても、その分着るアイテムが増えるかと言うと、そうでもありません。
新しい洋服を買うと、古い洋服は着なくなってしまうものです。
着ない洋服を抱えないためには、所有する洋服の枚数を決めて、1着買ったら1着処分することが基本ですね。

③同じような洋服は処分する

似たような色味のシャツ、同じタイプのボトムス、デザインが似ているブラウスなど、趣味や好みで似通ったアイテムを買ってしまうことはよくあることです。
しかし同じような洋服を持っているなら、一番気に入ったものだけを取っておいて、それ以外は処分すると良いですね。

④着られない洋服は処分する

洋服の中には、着られないものがあります。
サイズが合わないもの、着心地が悪いもの、肌触りがチクチクするものなど、デザインは気に入っているのに着ることができない洋服です。
「痩せたら着る」「いつか着るかも」などと思って取っておいても、合わない洋服を着ることはありません。
その洋服を取っておくことで、同じようなデザインの着心地の良い洋服を見つけたときに、買うことを躊躇してしまいませんか。
心地好い洋服だけを残すことも重要なことです。
『着ない洋服=不要な洋服』だということですね。

必要なワードローブを知ること

洋服がたくさんあることが、上手な着回しをする条件ではありません。
最小限の洋服で最大限の着回しをすることこそが、本当のオシャレではないでしょうか。
必要なワードローブは、着回し力のある洋服ではないでしょうか。
着ない洋服にお金をかけ、収納のスペースを使うことはとても無駄なことです。

しかし最小限の洋服と言っても、オシャレもしたいし流行りも取り入れたいと思うでしょう。
ベーシックなアイテムは安心ですが、それだけでは楽しめませんね。
そのような場合でもアイテムを絞り込むためには、ボトムスとトップスの掛け算で着回しを考えると良いでしょう。
シーズンによって必要なアイテム数は異なりますが、ボトムス、トップス、アウター、靴、バッグが基本になりますね。
1点で着こなすことができるワンピースを1着所有するだけでも、アウターや靴やバッグでコーディネイトをすれば印象を変えることはできるでしょう。
さらに、シンプルなデザインのものを数点持っておくと、組み合わせが上手くいきます。

トレンドは1~2着持っておくと良いですね。
コーディネイトでいくつかのパターンを持つことができれば、TPOに合わせた着方ができます。

持っている洋服が少ないことが、イコール『オシャレできない』ということではないということです。

流行の洋服の断捨離

断捨離をする際、流行の洋服は取っておきたいと考えるでしょう。
「まだ流行っているから着る」と思うのは当然です。
しかし流行のものほど、流行りが終われば価値はなくなってしまいます。
買取業者やリサイクルショップでも、流行が終わったものは買い取りを拒否するか、非常に安値となってしまいます。
「状態がいいから高く売れるかも!」という期待もしてはいけません。
買取業者やリサイクルショップでは、ニーズのあるものほど高い査定が付きます。
買い手が付かないものは安値となるか、「買取できない」とするでしょう。
流行りが終わった洋服を欲しいと思いますか?
むしろみんな着なくなるタイミングで売却を考えても、思うような金額で売れることはありません。

では、流行の洋服を断捨離する場合は、捨てるしかないのでしょうか。
流行が終わるまで着たいのであれば、捨てることになるかもしれませんね。
しかしまだ流行が続いている時期の売却であれば、ある程度の高値が付くことが期待できます。
売りたいと考えている場合は、早い時期に売った方が良いですね。

シーズンごとの断捨離

季節の変わり目に衣替えをしますね。
その際、何も考えずに今シーズンの洋服を収納してしまうと、不要なものまで取っておくことになってしまいます。
今シーズンの洋服を全て並べて、シーズン中によく着たものと全く着なかったものを分けましょう。
一度も着なかったものは、処分して下さい。
ただし、「今年は着なかったけど、来年は着るかもしれない」と思う洋服は、鏡の前で着てみると良いでしょう。
「だから着なかったんだ」と思う場合は捨てた方が良いですね。
「なんで着なかったんだろう」と思うものは取っておきましょう。
2~3年着なかったものは二度と着られることはないと判断し、迷わず処分をしてください。

衣替えは断捨離の絶好の機会です。
毎シーズン、必ず見直して断捨離をすることで、不要な洋服を取っておくことはなくなります。

«
»