断捨離を始めたいとき、何から捨てる?

断捨離のポイント

断捨離には、無駄なものを買わず、不要なものを捨てて、執着を手放すというコンセプトがあります。
その中で最も労力を使うのは“不要なものを捨てる”というところですね。

“不要なものを捨てる”と言っても、その判断は簡単ではありません。
実は断捨離を始める前に想像していた以上に、ものを捨てるということは難しいものです。
ですから、いきなり難しい場所に挑むのはやめましょう。
簡単な場所から始めることです。
例えば、重要なものが入っていない小さな引き出しや、文房具や電池など、感情とは無関係なものを収納している場所などが最適でしょう。
最初は小さな場所から始めてください。

そして最初に捨てるものは『壊れたもの』『期限が切れたもの』など、明らかに使えないものです。
インクが出ないペンや古くなった電池、動かない時計などがそうですね。

クローゼットなら穴が開いたものやシミが付いたもの、ほつれや色褪せなどがあるものも処分しましょう。
食器棚なら、欠けたりヒビが入ったもの、蓋がなくなった蓋付き容器、茶渋がついたまま放置されたカップなどは処分してください。

また、賞味期限の切れた調味料や食品、使用期限の切れた洗剤や殺虫剤などは処分しましょう。

断捨離は、簡単なところから初めて、簡単なものから捨てていきます。

断捨離を進める方法

基本的に断捨離は、1ヶ所ずつ進めていきます。
中途半端にものを捨てて、やりかけのまま次の場所に移るようなことをしてはいけません。
1ヶ所ずつやり遂げてください。

また、上記にもありますように、断捨離は簡単なところから初めて簡単なものから捨てていきます。

重要なものが入っていない小さな引き出しを断捨離したら、次に行うのはクローゼットです。
さらに本棚、下駄箱、収納庫と進めて、キッチン、洗面所などの難関に入ります。
最後に断捨離をするのは、最難関である思い出の品物です。
ここまで進めるのに、自分で期限を設けると目標ができてやりやすいでしょう。
目標がなければ、ダラダラと長引かせてしまったり、途中で投げ出すことも大いに有り得ますので、計画的に行うことが重要です。

では、1ヶ所での断捨離の進め方です。

①最初に、上記にあるように壊れたものや期限の切れたものを捨てます。

②次に捨てるのは、“使えないもの”です。
サイズの合わない洋服や着心地の悪い洋服、用途のない食器、読まない本、置き場所のない椅子、使いにくい調理器具など、壊れてはいないけど“使えないもの”“使わないもの”を捨ててください。
また、これには好みではないものも含まれます。

③次は、実際に“使っていない”ものです。
意識することもなく使っていないものはありませんか。
好きなデザインでも着ていない洋服や、欲しくて買ったのに使っていない調理家電など、家の中に使っていないものはあるものです。
1~2年を目安に、使っていないものは処分しましょう。
「高かった」「使うかもしれない」は、取っておく理由にはなりません。
使っていなかったという事実を考えれば、取っておいても活躍することはないでしょう。
ものは、持っているだけでは宝の持ち腐れです。
リサイクルショップなどに売って、そのものが活躍できる方の手に渡った方が良いとは思いませんか。

④最後に、捨てることを躊躇してしまうものです。
ここまで断捨離をして、使えないものでも使っていないものでも、捨てることを躊躇しているものはあるでしょう。
捨てることを躊躇しているものは、洋服なら鏡の前で着てみるとその答えが出ますね。
基準は、取っておくことで『いま使うか』ということです。
使わないものは、処分するようにしましょう。
ただし、やはり思い入れの強いものを捨ててしまうと、断捨離したことを後悔することにもなり兼ねませんので、慌てる必要はありません。

断捨離で出たゴミ

断捨離をすると、大量に“処分するもの”が出ます。
今まで、それだけの量の不要なものを抱えて生活していたということです。
もう不要なものを抱えないためにも、断捨離を続ける必要がありますね。
断捨離は、1度やればお終いというものではありません。
無駄なものを買わず、不要なものは捨てる。
執着から離れることができていれば、それは1度目の断捨離ほどは難しくないでしょう。

大量に出た処分するものの中から、壊れているものや期限が切れているものはゴミとして捨てることになります。
各自治体に従って捨ててください。

しかし壊れていないものやまだ使えるものなどは、買取業者やリサイクルショップなどに売却すると無駄がありません。
本は古本屋へ、洋服は買取業者へ、ブランド物はブランド専門買取業者へ、家具や家電はリサイクルショップへ持ち込むと良いでしょう。
量が多い場合や近隣に業者がない場合は、宅配買取業者を利用することをお勧めします。

断捨離を続けるコツ

断捨離を続けるためには、自分の中にルールを作ることが必要です。

例えば、所持する洋服の枚数を決めて、1枚買ったら同じアイテムを1枚捨て、1枚捨てたら1枚買うようにします。
枚数を一定にすることで、不要なものを増やす心配はありません。
また、本は『本棚に収納できる分だけ』と決め、それ以上ほかの棚に置いたり、机や床に積んでおくようなことはやめましょう。
分量を決めることで、やはり増やすことを防ぐことができます。
1冊買ったら1冊は捨てましょう。
ほかのものも同様です。
食器や調理器具、タオル、靴、バッグなど、全てのもので所持する数を一定にして、それ以上増やさないようにすることです。

また、持っているものは買わないことです。
特売や期間限定、数量限定、限定モデルなど、買いたくなるような状況であっても、持っているものがダブるような買い方はやめましょう。
もしも買うのであれば、持っている方を処分することですね。

数を一定に保つこと。
これが断捨離を継続するコツです。

«
»