断捨離をスムーズに行う順番と方法

断捨離のやり方

無駄なモノや不要なモノを捨てられない人には、大きく分けると『めんどくさい』『もったいない』『使うかもしれない』の3種類の人がいます。
断捨離は、無駄な買い物をやめ、不要なモノを捨て、執着から離れることで、シンプルで身軽な快適な生活を実現します。
ただし、断捨離は『モノを捨てる』という意味ではありません。
物事の執着から離れるという“考え方”を持つことが大切で、不要なモノを捨ててモノを持たない生活をすることで、執着から離れていくのです。
つまり、捨てる・モノを持たないという行為は全て、執着から離れるというゴールを目指して行うということです。
そして執着を持たなくなると、同時に不要なモノを保有するということからも簡単に離れることができます。
ですから、断捨離を行う順番は非常に重要なのです。
順番を間違えると捨てることが重く苦しいことになり、執着を強くしてしまう場合があります。
「捨てなきゃ良かった」と後悔するのは、そのためです。

断捨離の一歩目は、『簡単な場所の断捨離をすること』です。
あまり悩まずに、簡単に捨てるか取っておくかを決められる場所が良いでしょう。
ここで“モノを捨てる”ということに徐々に慣れていき、“捨てることの罪悪感”や“捨てることの苦痛”から解放されていきます。
『なくても暮らせるモノ』や『あっても無意味なモノ』などは、購入するときにどんな思い入れがあったとしても現在不要なモノは取っておく必要はありません。
そうしたものをどんどん捨てているうちに、モノに執着する気持ちが消えていくでしょう。

断捨離の本来のやり方は、この気持ちが重要です。
『なんでもかんでもどんどん捨てればいい』というわけではないのです。

手始めに断捨離する場所

どうせ断捨離をするなら、リバウンドしないやり方をしたいですね。
また、失敗しない断捨離をしたいと思うでしょう。
捨てたことを後悔したり、罪悪感を持ってしまっては意味がありません。
ですから、断捨離を始めるのはなるべく簡単な場所である必要がありますね。

例えば、思い出の品物や思い入れのあるモノを一切入れていない引き出しなどはありませんか。
ペンやメモ紙、テープ、電池など、実用的なモノを入れてある場所が良いですね。
その中からインクが出ないペンや、持っているだけで使う用途がないメモ紙や、好みじゃない便箋などがあれば捨ててしまいます。
簡単ですね。
あっという間に断捨離できるでしょう。

しかしそういう場所がない場合は、洋服から断捨離することをお勧めします。
洋服は『傷み』『サイズ』『流行り』など様々な観点から捨てるか取っておくかを判断しなければいけませんが、もしも捨てたことを後悔しても代わりのものを購入することができます。
ですから断捨離をする場所としては、比較的簡単な場所だと言えます。
しかも洋服は、思っている以上に数を保有しているものです。
捨てるという行為や判断することに慣れるにも、ちょうどいいカテゴリーではないでしょうか。
ただし、洋服への思い入れが強い場合は、後回しにした方が良いかもしれません。

片付けが苦手な人ほど

元々片付けが苦手だという人にとって、断捨離はハードルが高い印象があるかもしれませんね。
しかし片付けが苦手な人ほど、断捨離をすることは有効です。
断捨離をすることで、確実にモノを減らすことができます。
モノがなければ散らかることはありません、つまり片付ける必要がなくなるのです。

また、片付けが苦手な人ほど無駄なモノや不要なモノを持っているものです。
捨てるモノが多いほど断捨離は大変なイメージがあるかもしれませんが、そんなことはありません。
確かにゴミは多く出ますので、次のゴミ収集日は大変かもしれませんが。

捨てるモノが多いということは、それだけ“捨てる”という行為を何度も繰り返すということです。
それだけ執着を手放しやすく、断捨離の前後では大きなギャップを感じるでしょう。
片付けが苦手は人ほど、断捨離をすることで人生が変わります。
ただし、最後までやり遂げなければ意味がありませんので、断捨離が嫌になるような面倒な場所は後回しにしてください。

思い出の品物、思い入れがあるモノ、写真や手紙などの断捨離は、最後に行うことをお勧めします。

断捨離のついでに大掃除

断捨離をするときにはその場所に収納してあるモノを一旦全て出して、“取っておく”か“捨てる”かを判断します。
収納スペースの中のモノを全て取り出してしまう機会など、そうそうないでしょう。
クローゼットや押入れ、キッチンの収納戸棚、引き出しの中など、全ての収納を大掃除するチャンスです。
モノを取り出したらすぐに掃除機をかけ、キレイに拭き掃除をすることをお勧めします。
というのも、キレイなところは『キレイに使いたい』という心理が働くものだからです。

①断捨離は簡単なところから始める。
②モノは全て取り出す。
③ついでに大掃除をする。
④不要なモノは捨てる。
⑤必要なモノだけ収納し直す。
⑥無駄な買い物で不要なモノを増やさない。

断捨離をすれば、モノが少ないことで散らかることがなくなりますし、掃除も楽になるます。
何より執着から離れることで、精神的にも安定し穏やかに過ごすことができるようになるでしょう。

«
»