断捨離で整理整頓が簡単になる

整理整頓しやすい断捨離のコツ

捨てるモノより買うモノが多くなると、部屋の中にモノが溢れてしまいます。
つまり、無駄なモノを購入し、不要なモノを溜め込み、モノを増やしてしまうことで、整理整頓しにくい部屋が出来上がってしまうということです。
ほとんどの場合、モノは徐々に増えていきますので、「気付いたらモノが溢れていた!」「片付けしにくい部屋になっていた!」ということになるでしょう。
そこで断捨離をして不要なモノを捨て、すっきりと整理整頓しやすい部屋を作りましょう。

まず、断捨離をする収納スペースの中のモノを全て取り出して下さい。
空になった収納スペースを掃除して、その中にカテゴリー別にモノを収納できるように仕切りやファイルボックスなどを入れます。
収納スペースで、それぞれのカテゴリーでそれ以上のモノを増やさないよう量を敢えて制限します。
例えば、本は本棚に入る分だけを所有し、それ以上は増やさないようにするため、1冊購入したら1冊処分します。
また、洋服は数を決めて、1着購入したら1着処分します。
このように収納する場所に合わせて数を一定にすることで、常に整理整頓がしやすい状態が続きます。

整理整頓しやすい断捨離の方法

断捨離をするときは、最初に断捨離をする場所のモノを全て取り出してしまいます。
取り出したらその場所を掃除し、収納するモノに合わせていくつかのカテゴリーに仕切ります。
取り出したモノは床に置いてカテゴリー別に分け、カテゴリーごとに“取っておくモノ”と“捨てるモノ”に分けます。
“取っておくモノ”は、最終的には収納スペースに合わせた一定の数まで減らしてください。

中には『捨てるにはもったいないけど、使わない』というモノもあるでしょう。
1度も使っていない新品のモノや高価なモノなどでは、悩む方も多いかもしれませんね。
しかし使っていないモノや不要なモノは、取っておいてもスペースを無駄に使うだけです。
制限されたスペースで不要なモノを取っておくのは、むしろ「もったいない」とは思いませんか。
新品のまま使っていないモノも、高価だったのに使っていないモノも、ここでは価値のないモノです。
思い切って捨ててください。
新品のモノや高価なモノを捨てることには、罪悪感が伴うでしょう。
しかし、それは取っておいても同じではないですか。
「使っていないけど、これがあるから新しいのは買えない」
「どうして買ってしまったんだろう・・」
「買わなきゃ良かった・・」
こんな気持ちを持つくらいなら、捨てて新しいモノを買ったほうが余程ポジティブです。
断捨離のコンセプトは『執着を捨てる』ということです。
このようにモノを捨てることで、執着を少しずつ手放すことができるのです。

整理整頓しやすい洋服の断捨離

洋服の断捨離は比較的簡単ですので、早い段階で行うことをオススメします。

まず、クローゼットから全て洋服を出してください。
衣料ケースにも洋服を収納している場合は、それも全て出します。
持っている洋服は、全て床に出してください。

その中から、週に1~2回と頻繁に着ているスタメンや1シーズンで3~4回着ているレギュラーは、クローゼットに収納します。

そして、シミの付いたものや穴が開いたものなど、傷みがあるものは捨ててください。
「直せば着られる」と思ったものでも、1年以上放置したままのものは取っておいても直すことはないので、捨ててしまいましょう。

同時に、サイズの合わないものも捨てます。
「痩せたら着る!」「いつか着ることがあるかも!」という理由で取っておくのはやめましょう。
痩せたらそのとき合うサイズのものを購入することにして、“いま着られないもの”は捨ててください。

次に、1年以上着ていないものを捨てます。
傷みがないものは捨てることを躊躇するかもしれませんが、1年以上着ないのにはそれなりの原因があるはずです。
着心地が悪い、肌触りが悪い、似合わない、合わせるのが難しいなど、どんな理由であっても着ない洋服を取っておくのは無駄なことです。
捨ててください。

ただし、「なんで今まで着ていなかったんだろう」と思う洋服は、着てみてから判断すると良いでしょう。
着てみた上で「だから着なかったのか」と思うものは捨てられますね。

洋服の場合は、各シーズンでアイテムごとに5着程度取っておけば十分です。
ボトムス、トップス、アウターなど、アイテムごとに取っておくものを決めましょう。
ここでも、取っておくものの基準は値段ではありません。
着る回数で判断して下さい。

整理整頓しやすい部屋は掃除もラク

不要なモノを捨てることで、それまで使っていた収納家具も不要になる場合があります。
家具を処分することは勇気が要るかもしれませんが、不要な場合は思い切って処分しましょう。
家具なら、リサイクルショップに売却することもできますね。

また断捨離をすることで、本棚に入り切らずに床に積み上げた本や出しっぱなしのバッグなど、全て本棚などの収納家具やクローゼットに収納することができるようになります。
部屋は広くなりますし、ゴチャゴチャした印象もなくなります。

断捨離をして整理整頓しやすい部屋になると、掃除もラクになります。
掃除がしにくいモノの多いところやついスルーしてしまう家具の隙間など、モノがなくなったり家具が少なくなったりすることで、掃除がしやすくなるのはすぐに想像できますね。
暮らしやすさは、断捨離をすることで格段にUPします。

«
»