洋服を断捨離するポイント

断捨離の基準

洋服を断捨離する際、傷みや汚れがあるものは躊躇なく捨てることができるでしょう。
しかし高かったものや気に入っていたものは、処分するには抵抗があります。
だからと言って、「高かった」「気に入っていた」という理由で1年以上も着ていない洋服を取っておくのでは、断捨離にはなりません。
断捨離は、物事への“執着”を捨てることです。
「高かった」「気に入っていた」ということに執着するのをやめ、シンプルに『いま着るのか着ないのか』を考えなければいけません。
とは言え、判断に困る洋服があるのは普通のことです。
そこで、処分を決める基準について考えてみましょう。

・サイズが合わない

小さい、大きい、などサイズが合わない場合は、取っておいても着ることを避けるようになります。

・体型に合わない

気に入ったデザインでも体型に合わない洋服は着にくさを感じたり、着るとシワが寄るなど、着ると憂鬱になるので着ることはないでしょう。

・肌触り

繊維がチクチクと肌に障るのは、不快で着ることはありません。

・ヨレヨレ

気に入ってよく着た洋服ほど、ヘビロテしてヨレヨレになってしまいます。
キレイにメイクをしてその洋服を着て、写真を撮ってみるとヨレヨレさ加減が客観的に分かるでしょう。
着心地の良い洋服なら、部屋着にするのも良いですね。

・コーディネイトできない

単品で可愛い洋服でも、どんなものと合わせたらいいのか分からないものは、着ることがないでしょう。

・似合わない

顔色がくすんで見えたり、年齢相応でないなど、似合わない洋服は着ることはありません。

判断に悩んだ場合は、鏡の前でその洋服を着てみてください。
「だから着なかったのか・・・」と思うのか、「なんで着なかったんだろう」と思うのか、結果はすぐに出るでしょう。

普段着の断捨離

普段着は、フォーマルやスーツなどと違って、着心地の良さを重視する必要がありますね。
しかし普段着だからと言って、ヨレヨレのものを取っておくのはどうでしょう。
普段着の断捨離では、オフの1マイル程度のお出掛けにも着用できるか?を基準にすると良いでしょう。
半径1マイル=約1.6kmくらいのコンビニやスーパーに行ける程度の洋服を普段着としてください。

着心地を重視するあまり、普段着としてヨレヨレのシャツやパンツを取っておくのは少し違います。
しかしヨレヨレさ加減は、着慣れた本人では分からない場合も多いでしょう。
衿周りが伸びきっていませんか。
裾が広がっていませんか。
穴や汚れやほつれはありませんか。
色褪せていませんか。
膝が出ていませんか。
着ていてだらしないという印象を受けるようでは、既に普段着としての役目を終えています。
ただし、普段着として使えなくなったものを部屋着として活用するのはやめましょう。
部屋着は初めから部屋着として購入することで、断捨離を継続しやすくなります。
普段着を部屋着に移行することは、いつまでも取っておく“執着”に繋がってしまいます。

部屋着の断捨離

部屋着の断捨離は、最も処分のポイントが難しいでしょう。
部屋着ですから他人に見せることがなく、場合によっては穴が開いていてもヨレていても大きな問題はありません。
しかしそれこそが大きな落とし穴なのです。
いくら部屋着だからと言って、傷みの酷いものは処分することをお勧めします。
『1着購入したら1着捨てる』というのは、断捨離後の洋服全般に当てはまることです。
部屋着は上下3着ずつあれば十分ですので、常に3着を維持するように購入と処分のバランスが重要ですね。
部屋着を残すポイントは、単純に着やすくリラックスできるものから3着ずつ選べば良いのですが、なかなか決められないこともあるでしょう。
そのような場合は、着用して写真を撮ることをお勧めします。
客観的な視点で見ることが重要です。

断捨離で生活が変わる

断捨離が進むにつれて、家の中はすっきりシンプルになっていきます。
普段着や部屋着の断捨離に悩んだ場合は、一旦放置して、大まかに家全体の断捨離が進んだところで再度洋服の断捨離を試みると良いでしょう。
すっきりシンプルになった家の中で、どんな風に過ごしたいか。
断捨離後には普段着や部屋着に、どんなものを着るかも重要になってきます。
軽やかな気持ちで過ごすためには、『誰かに見せるものでもないから』と言って傷みや色褪せがある部屋着は相応しくありません。
断捨離は、シンプルに心地よく過ごすために“執着”を捨てる『考え方』です。
良い物を持とうとする必要もありませんが、傷みや色褪せがあるものは当たり前のように新しいものと交換することを心掛けましょう。

断捨離は執着を手放すことで不要なものや無駄なものを捨て、生活を変えて、人生までも変えるものです。
執着を手放すことは簡単ではありませんが、不要なものや無駄なものを処分することから始められます。
断捨離は決して物を捨てることではなく執着を手放す考え方です。
シンプルに軽やかな人生を生きるためにも、思い切って断捨離をしてみませんか。

«
»