断捨離をしたら収納は7・5・1の法則で

収納のコツ7・5・1

断捨離のコンセプトは“物事への執着を捨てる”ということにありますが、まずは不要なものを処分し必要なものだけを取っておくことから始まります。
そして取っておいた必要なものはスッキリと収納し、見た目に美しく生活しやすい空間を作ります。
その収納のコツが『7・5・1』なのです。
これは、“見えない収納=7割”“見える収納=5割”“見せる収納=1割”という対比になるようにするという意味です。

・見えない収納=7割

見えない収納とは、クローゼットや押入れなどです。
ここには7割ものを収納して、残りの3割は空間として残すと、美しく使い勝手が良い収納となります。
あまりに無駄なく収納しようと考えるとキチキチにものを詰め込み、ものの出し入れがしにくくなってしまいます。
また、空間があることで収納しているものを見渡すことができますし、見た目にも美しい収納となります。
収納の美しくないものは、そこを開けることが憂鬱になってしまいますので、美しく収納することは大切ですね。

・見える収納=5割

見える収納とは、ガラスの扉や半透明な扉などの棚や、本棚などのことです。
ここには5割のものを収納して、残り5割は空間として取っておきます。
空間が半分空くことで、見た目にもスッキリしますし、取り出しやすい収納となります。
見える収納の利点は、常に中身を把握することができるということです。
また、見えることでおしゃれな演出をすることができますね。

・見せる収納=1割

見せる収納とは、部屋の空間のことを指しています。
空間のうち1割だけ、ものを置くスペースを作りましょう。
見せる収納ですから、センス良く飾ることができるものが良いですね。
何も置かないという方もいるようですが、全く何もない空間は寒々としてしまいます。
お好みですが、1割程度はものを置いたほうが良い、ということですね。

断捨離をしたら、収納は7・5・1の法則に則って行いましょう。
スッキリと美しく、使い勝手の良い収納となるでしょう。

やましたひでこさん提唱の7・5・1

見えない収納には7割ものを収納し、3割を空間。
見える収納には5割ものを収納し、5割を空間。
見せる収納には1割ものを収納し、9割は空間。

これは『断捨離』の著者である〈やましたひでこさん〉が提唱したものです。
やましたひでこさんによると収納には7・5・1の適切な収納の比率があり、これを『総量規制の法則』と呼んでいます。

見えない収納は引き出しや扉の付いた棚など、外からは見えない収納スペースです。
大体の方が見えない収納には150~200%ものを詰め込みます。
ですから7割というのはあまりにもものが少なく、心許ないと感じるかもしれません。
しかし残りの3割の空間は、ものを出し入れするときの手の通り道であり、食器同士がぶつからないためでもあります。
しまいやすく出しやすい収納は使い勝手が良く、出し入れすることが楽しいとさえ感じられるでしょう。

見える収納はガラスの扉や半透明な扉の棚や本棚など、外から見える収納スペースです。
見える収納は、使い勝手だけでなく美しさも兼ね備える必要があります。
どんなに部屋がスッキリしていても、見えている収納がギュウギュウ詰めでは断捨離の効果は半減してしまいますね。
半分は空間にすることで、見た目にも美しい収納となる、というわけです。

そして見せる収納は、カウンターやテーブルの上、出窓など、空間の中の飾る場所だと捉えてください。
写真やお花、カレンダーや絵画など、空間に合ったものを飾ると良いですね。
例えば、メガネ置きを棚の上に置き、メガネの収納を敢えて見せてインテリアの一部にすることもできます。
見せる収納はセンスが問われる部分でもありますので、本や雑誌やインターネットを参考にするのも良いでしょう。

断捨離はただの片付け術ではない

『7・5・1の法則』は、『断捨離』の著者〈やましたひでこさん〉が提唱した片付け術です。
一般的な片付け術であれば、『7・5・1の法則』は有り得ないことでしょう。
通常の片付け術では、如何にたくさんのものをどうやって収納するかがテーマになっていることが多くなっています。

・食器棚の収納量をどうやって増やすか。
・本棚を効率よく使うには。
・クローゼットの中の洋服をスペースを無駄なく使ってより多く収納するには。
・玄関の靴を家族全員分すっきり下駄箱に片付けるには。

一般的には上記のようなものが多いでしょう。
しかし断捨離では、ものを捨てて減らすことで収納スペースに余裕を持ち、無理のないストレスを軽減した収納となっています。
“収納できればいい”ということではなく、より快適でシンプルな生活を目指しているのです。

空間を作る収納

『7・5・1の法則』に則って収納をすることで、隙間がなかったクローゼットやキチキチに詰め込まれた食器棚などに空間が生まれます。
空間があることで出し入れがラクになるだけでなく、空間がある分だけ気持ちにもゆとりが生まれます。
視界に入る収納スペースに空間があるということは、心を穏やかにします。
ものを探すということもなくなりますし、紛失するということもなくなる効果が期待できます。
「収納スペースがもったいない」と思うかもしれませんが、断捨離で『もったいない』という気持ちは不要です。
執着から離れ、収納スペースを贅沢に使いましょう。

«
»