どれくらいのものを捨てたら断捨離の効果を感じられるのか?

断捨離の効果を実感するとき

断捨離の効果は、ものを減らすほどに実感することができるでしょう。
ものが多いと断捨離の効果を感じるまで、少し時間がかかるかもしれませんね。
断捨離をして初めて、それまでものが多いことで煩わされていたことやストレスがあったことなどが分かることもあるでしょう。

ものが多くて部屋が狭くなっていませんか。
クローゼットの扉を開けるときに、ものを除けなければ開けられないということはありませんか。
本来は床に置くべきではないものが、置かれていませんか。
ものが多い部屋は掃除もしにくいため、埃が溜まりやすいということもありますね。
床の上がすっきり片付くだけでも、断捨離の効果は感じられるでしょう。
床にものが置かれていない状態は、想像以上に生活しやすいものです。
掃除もしやすいため、部屋はいつも快適な空間となります。

ですから、まずは効果を感じられるところまでは、断捨離を頑張ってみましょう。
ものが多すぎると断捨離することを挫折しそうになることもあるかもしれませんが、効果を実感できるところまで頑張ることができれば、元の状態に戻ることができなくなります。

生活に必要な最小限のもの

では、どれくらいのものを捨てることを目安に、断捨離を行えば良いのでしょうか。
基本的には、本当に生活に必要なものを残せばOKです。
生活に必要な最小限のものと言えば、衣食住に必要な最低限のものですね。

断捨離のコンセプトは、不要なものを捨てることで執着も捨てることです。
執着を捨てるという考え方を持つことで、人生は大きく変わるでしょう。

『〇〇を持っている』ということは、時としてまるで持っている人の価値が上がるような錯覚を覚えます。
それで自分がすごい人間だと勘違いをしたり、優越感を持ったり、或いは持っていない人を蔑む人もいます。
逆に持っていないことで羨ましいという思いや持っていないことへの劣等感を抱いたり、持っている人を妬む人もいるでしょう。
しかし“不要なものを持たない”と決めて処分をして、同時に執着を捨てることで、そのような感情に振り回されることはなくなります。

ただし、生活に必要な最小限のものはきちんと残して下さい。
捨てることに執着をして、必要なものまで捨ててしまうのは本末転倒です。

洋服はどれくらい残せばいいのか

では具体的に、洋服はどれくらい残せば良いのでしょうか。
洋服はシーズンごとに、取っておくものを決める必要があります。
また、“全部で何着”という決め方より、アイテムごとの枚数を決めた方が良いでしょう。
ボトムス、トップス、アウター、など、1アイテムに付き5着程度を目安にすると良いですね。
部屋着、普段着、外出着、仕事をしている人は仕事着など、用途別に考える必要もありますので、生活様式によって異なります。
先に取っておく数を決めてから断捨離を始めると、明確なゴールが分かるのでやりやすいでしょう。
また、断捨離後も1着買ったら1着捨てるようにして一定の数を保つようにすると、無駄に洋服が増えることもありません。
断捨離は、継続することが重要です。

取っておくものの数を決める方法

断捨離をする際に取っておくものの数を決めておくということは、明確なゴールが分かるとともに、その状態を保ちやすくします。
例えば、本の断捨離をする際には本棚に収まる冊数だけを保有すると決め、収まらない分は処分する、と決めると良いでしょう。
さらにその状態を保つために、1冊買ったら1冊は処分します。
小説は1度読んだら処分します。
途中で読むのをやめてしまった本は、二度と読むことはないでしょうから、処分してください。
人との付き合いで買った本も、読んでいないものは処分します。
雑誌は半年経ったら処分してください。
実用書やハウツー本などは、1度読んだっ切りになっているものは捨てます。
料理本なども、活用していないものは不要なものだと判断してください。

このように、収納場所に合わせた数を取っておく基準にすると、ものが増えすぎることを防ぐことができます。
また、処分するものに基準があれば、悩むこともありません。
断捨離をする前に、まずは取っておく数量を決めると良いですね。

最低限のものだけを持つ生活とは

人が生活していくためには、最低限『衣食住』が整っている必要があります。
しかしほとんどの方が『衣食住』に関係のない多くのものを持ち、ものを持ちすぎることでストレスを抱えて煩わされています。
生活に必要な最低限のものがあれば、生活に困ることはありません。
また、生活に必要なもの以外のものを持たないことで、シンプルな生活を送ることが可能となります。
必要なものは必要になったときに購入すれば良いですし、いま使っていないものを『使うかもしれない』『もったいない』と捨てられずに取っておくことは無駄なことだと認識してください。
無駄なものを増やさず、不要なものを捨て、執着を手放すことで、人生を変えることも叶います。

«
»