断捨離を簡単にする方法

ゴールはモノがないシンプルな部屋

今や断捨離という言葉を知らない人はいないほど、断捨離は定着しています。
モノを持たない身軽な生活を目指している方や、心のモヤモヤをすっきりさせたいと思っている方など、断捨離を始める理由はそれぞれでしょう。
しかしやり方を間違えると、後悔が残ってしまいます。

断捨離で後悔するのは。
・必要なモノを判断ミスで捨ててしまった場合
・誰かとの思い出の品物を無理矢理捨てた場合
・執着を捨てきれていない場合
この3点が考えられます。

必要なモノを捨ててしまった場合は、代わりのモノを購入しましょう。
新たなモノを購入する場合は、捨ててしまったものより良いものを購入すると、“捨てた意味”が生まれます。
そうすることで後悔を払拭しましょう。
つまり、必要なモノを捨てたことは後悔する必要がないということです。
ただし廃盤になっているCDや本、限定品で今は販売されていないものに関しては、残念ながら代わりのものを購入することはできません。

また、思い出の品物を捨ててしまった場合、自分一人の思い出のものであれば大きな後悔はないでしょう。
しかし自分以外の誰かとの思い出が詰まったモノを捨てた場合は、後悔することもあります。
ですから断捨離では、「捨てなければいけない」という義務感で捨てることは避けなければいけません。
もしも捨ててしまったことを後悔している場合には、その品物がなくても心の中に思い出が残っていることに意識を集中してみましょう。

執着を捨てきれていない場合、モノを捨てたこと自体を後悔する可能性があります。

後悔しないためには、断捨離を慌てて一気に進めないことです。
『不要なモノを捨てる』という行為を通して、自然と執着から離れることができます。
ですから、『ゴールはモノがないシンプルな部屋を作ること』として、スタートはゆっくり進めることをお勧めします。
ゴールが明確になっていれば、時間がかかっても問題はありません。
徐々に執着から離れることができれば、どんどんスピードは上がってきますので焦らないことです。

断捨離の本質はモノを捨てることではない

断捨離を簡単に行うためには、断捨離の考え方を知る必要があります。
断捨離は、ただモノを捨てることが目的ではありません。
上記でもお話ししましたが、執着から離れることやその考え方を持つことが目的です。

「自分は執着していない」と思うかもしれませんが、本当にそうでしょうか。
使っていないモノを「使うかもしれないから」と取っておいていませんか。
勧められて買わざるを得なかった本を、読んでもいないのに捨てられないということはありませんか。
本来自分には必要ないのに、自分を良く見せるためのアイテムを持っていませんか。
行動に対して見返りを求めていませんか。
人間関係で自分の思うようにいかないと、イライラしたりショックを受けたりしませんか。
こうした心理は“執着”です。
執着は誰でも持っている心理です。
ですから執着を持っていること自体は、悪いことではないのです。
しかし執着を捨てることができれば、様々な苦難や怒りや悩み、不安や恐怖などから離れることができるのです。
モノに執着せず、人に執着せず、全ての執着を手放すことができれば、人は身軽でシンプルで、それでいて豊かな人生を生きることができるのです。

そのために『モノを捨てる』『モノを持たない』という行為を通して、執着を手放すのです。
その考え方こそが“断捨離”です。

片付けの必要がない部屋

モノを捨てるという行為を通して執着を手放すことができれば、不要なモノを捨てることが簡単になるでしょう。
捨てるという行為に対して『捨てたくない』『使うかもしれないのに』『もったいない』『痩せたら着るから』などの抵抗を感じる場合は、まだまだ執着を手放すことはできていませんね。
ですから、なるべく簡単なところから断捨離を始めましょう。
洋服や本などは、思い出や人との関わりが関連することが少ないため、比較的簡単に断捨離をすることができます。

モチベーションを上げ徐々に執着から離れられるように、クローゼットの中のモノを全て取り出し、本当に必要なスタメンの洋服だけを収納してみましょう。
ハンガーとハンガーの間に余裕があり、引き出しはスムーズに出し入れすることができるのではないでしょうか。
お気に入りの洋服を無理矢理押し込めることも、シワになることもないでしょう。
どうですか?快適ではありませんか?
目指すはその状態です。

クローゼットの中だけではありません。
部屋の中のモノもきちんと断捨離することができれば、不要なモノがない部屋を作ることが可能です。
不要なモノを置かない部屋は、片付けの必要がありません。
そうです、生活そのものもシンプルにすることができるのです。
断捨離は、生き方を変えるものだと言えますね。
執着を捨てれば、断捨離は簡単に勧めることができます。

執着を捨てるという考え方

例えば、人を恨むことで苦しむのは、恨んでいる本人です。
恨まれている方が苦しむことはありません。
「恨むことで辛い思いをしているのに、それでも恨むことをやめられない。」
これはまさしく“執着”です。

こだわりを持つことは素晴らしいことですが、そのことによって良しとすることができず、納得や充実感を味わうことができない場合は、こだわりではなく執着です。
執着からは、苦しさや不満しか生まれません。
「こうあるべきだ!」
「こうでなければいけない!」
この執着が、本当な何でもない多くのことを問題にし、悩みの原因となるのです。
お分かりでしょうか。
執着を一つ捨てることで、人は前より自由になります。
何でもないことを問題にすることなく、豊かな人生を生きられるということです。

ではなぜ人は執着を捨てられないのでしょうか。
それは一つに『理解してほしい』という思いがあるからです。
そして『良く思われたい』『損をしたくない』という思いがあるからなのです。

執着を捨てるということは、ある意味で自分の人生を惑わされずにシンプルに生きるということに繋がります。
執着を捨てることができれば、不要なモノを捨てることなど、大きな問題ではなくなるのです。

«
»