キッチンを断捨離する方法

食器棚

キッチンは、断捨離の中でも難関ですね。
家の中の簡単に断捨離できる場所を数ヶ所片付けて、断捨離に慣れた頃に手を付けてほしいのがキッチンです。

まず、食器棚。
食器棚の中には、どれくらいの食器が入っていますか?全部使っていますか?
食器は、使いやすいものを気に入って使う傾向にあり、限られた食器しか使っていない家庭が多いようです。
使いやすい食器、洗いやすい食器、料理が映える食器など、頻繁に使う食器は決まっているでしょう。
どこの家庭にも、ほとんど使っていない食器が食器棚の奥の方に眠っているものです。

最初に、持っている食器を『よく使うもの』と『あまり使わないもの』に分けてください。
そして『あまり使わないもの』の中から、来客用を残します。
さらに『あまり使わないもの』の中の、欠けやヒビがあるものは捨てるものとして避けます。

中には「取っておけば使うかもしれない」と思うものもあるかもしれませんね。
例えば、茶碗やマグカップなどは、家族の人数分と来客用があれば十分です。
数が多くなるものは、取っておいても出番はありませんので捨てましょう。
また、使いにくいサイズのものや、どんな料理に使えばいいのか分からないものなども、思い切って捨てましょう。
捨てるか取っておくか悩むのは、高価な食器かもしれませんね。
欠けやヒビがあるものは捨てましょう。
しかし状態が良く、今でも価値の高い食器の場合は、リサイクルショップに売却すると良いですね。
ただし、むかし高かった食器が今でも高いとは限りませんので、先にネットで調べることをお勧めします。

食器は、新しいものを買うと古いものは使わなくなるものです。
洋服と同じですね。
食器棚の中がゴチャゴチャしてしまうのは、使わない食器を取っておくからです。
断捨離後は、新しい食器を買ったら古い食器を処分し、数や種類が増えすぎないようにしてください。

調理器具

キッチンの収納スペースがモノで溢れている家庭は多いでしょう。
出してみると思った以上にモノが多く、使っていないモノが多いことに胸が痛むでしょう。
見て見ぬふりをしたいのは、使っていない調理器具が多いからではないですか。
大丈夫です、どのご家庭もそんなものです。
捨てるのが苦手な方もそうじゃない方も、使っていない調理器具が一つや二つ、三つや四つはあるでしょう。

・使いにくいもの、壊れているもの
カビや錆がついているものは捨てましょう。
底が薄くて使いにくい鍋、テフロンが剥がれたフライパン、取っ手が取れた鍋など、使えないのに取っておいているものは捨ててください。
また、切れ味の悪い包丁やキッチンばさみ、ピーラーなども、買い替えるか刃を研ぐなどして、使い勝手の良いものを持つようにしましょう。
鍋やフライパンはある程度質の良いものを使うと、使いやすくストレスを感じることもありません。
使いにくい調理器具は使わなくなってしまいます。
しかし「捨てるのはもったいない」と取っておくため、モノが多くゴチャゴチャになってしまうのです。
断捨離を機に、使わないモノは捨ててしまいましょう。

・調理家電用品

最近は調理家電用品も種類が多く、便利なモノが増えていますね。
しかし購入した調理家電用品が、必ずしも活躍するとは限りません。
『収納からの出し入れが面倒』『洗うのが大変』『使いこなせない』など、使わなくなる理由は様々です。
多くの調理家電用品は、用途が一つしかありません。
エスプレッソマシン、アイスクリームメーカー、パスタメーカーなどがそうですね。
使っていない調理家電用品ほど、邪魔になるものはありません。
状態が良いものはリサイクルショップに売却し、売れそうもないものは捨てましょう。
中には、安いものを買って使いにくかったというものもあるかもしれませんね。
「せっかく買ったモノを捨てるのはもったいない」と思っていませんか。
しかしその“使えないモノ”を捨てることで、新たに“使いやすいモノ”を購入することができます。
“使えないモノ”や“使わないモノ”は、不要なモノです。
処分をすることで、便利で使い勝手の良いもの“必要なモノ”を購入することができます。

・過剰にあるもの

キッチンにあるモノの中には、「なんでこんなにあるんだろう?」というほど同じツールがたくさんあるモノがあるでしょう。
例えば、計量スプーンや計量カップ、お玉やフライ返しなど、使うものは決まっているのに、不要にたくさんありませんか。
また、蓋付き容器が収納スペースに積み上げられていたり、使う人のいない箸が何膳もあったり、「本当に必要?」というものも多いでしょう。
過剰に数が多くあるモノは、必要な分だけ残して捨ててしまいましょう。

・1年以上使っていなもの

ケーキの型やホットサンドメーカーなど、普段あまり使われることのない調理器具がありますね。
中でも購入後1度使っただけのモノや1年以上使っていないモノは、取っておいても使うことはないでしょう。
使っていないモノを取っておくのは、収納スペースを無駄にしているのも同然です。
思い切って捨てましょう。

調味料

キッチンにある不要なモノと言えば『調味料』ではないでしょうか。
賞味期限が切れているものは、全て捨てましょう。
また、買ったはいいけど使っていない調味料も、捨ててしまいましょう。
一度使っただけの調味料を捨ててしまうのは、抵抗があるでしょう。
しかし取っておけば使うというわけではありません。
賞味期限が切れてしまうのがオチです。
それまで待ちますか?
どうせ捨てることになるのですから、捨ててください。

では使わない調味料は、どのタイミングで捨てれば良いのでしょうか。
これが明確になれば、使わない調味料を溜め込むこともなくなりますね。
それはズバリ、買ったことを「失敗した!」と思ったときです。
「失敗した!」と思ったことこそ、『もう使わない』ということを証明しているようなものです。
取っておいても、どうせ使うことはありません。
思い切りが大切ですよ。

キッチンの収納スペースを使いやすく

キッチンの収納スペースは、ガランと仕切りがない場合が多くなっていますね。
収納スペースを無駄なく利用するためには、ケースや仕切り台などでカテゴリー別に収納スペースを仕切ると良いですね。
ケースの中は多少ゴチャゴチャしていても、使い勝手には問題ないでしょう。
収納が上手くできない場合は、『何を入れるのか』『どれくらいの量を入れるのか』などを考慮して、ケースの大きさや収納する場所を決めると無駄がありません。

«
»